スコーピオ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
スコーピオ
外国語表記 Scorpio
登場作品 新機動戦記ガンダムW BATTLEFIELD OF PACIFIST
デザイナー 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
分類 拠点防衛用モビルスーツ / モビルドール
型式番号 OZ-16MSX-D
頭頂高 23.5m
本体重量 17.8t
装甲材質 ガンダニュウム合金
開発組織 OZ
所属 OZP3 (パーフェクト・ピース・ピープル)
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

OZが開発した拠点防衛用の大型モビルスーツ。「蠍座」の名を冠する機体で、モビルドールとしても運用可能である。

2つの形態を持つ機体で、モビルアーマー形態からアーマーパーツを分離してモビルスーツ形態に移行する。アーマーパーツを分離するため、戦闘中にモビルスーツ形態からモビルアーマー形態に変形することは不可能となっている。

モビルアーマー形態は攻撃力と機動力に優れており、機体後部にはアーマーパーツが装着されている。アーマーパーツにはメインブースター3基とプロペラントタンク4基が備わっており、ヒートロッドが装備されている。巨体ゆえに接近戦には向いていない。

モビルスーツ形態に移行する際はアーマーパーツとビームベイオネット1挺を分離し変形する。この状態では白兵戦に優れており、プラネイトディフェンサーを装備するため防御力も高い。

通常はモビルドールとして運用されており、ウルカヌスに接近する者は「番犬」として迎え撃つ。解除コード「56WI」を送信することで指令系統が支配され、モビルスーツとして運用が可能となる。

機体性能は高かったが、通常のモビルスーツの約1.5倍のサイズの機体であり量産は困難であったため、試作機1機のみで開発は中断されている。

登場作品と操縦者[編集]

新機動戦記ガンダムW BATTLEFIELD OF PACIFIST

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

形態変化
アーマーパーツを分離してモビルアーマー形態からモビルスーツ形態に変形可能。アーマーパーツを分離するためモビルアーマー形態には戻れない。

武装・必殺攻撃[編集]

ビームベイオネット
ビームライフルビームサーベルの機能を持つ複合武装。MA形態では2挺装備され、MS形態になる際に1挺は分離される。
A.S.プラネイトディフェンサー
強化型のプラネイトディフェンサーを展開可能なシールド。MA形態では使用されず、機体後部のアーマーパーツ裏にマウントされている。
マイクロミサイル
両肩と胸部に10発ずつ計30発搭載されているミサイル。
ヒートロッド
MA形態時の機体後部のアーマーパーツに装備されている鞭状の武装。MS形態ではアーマーパーツが分離される為使用不可。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

プロトタイプスコーピオ
試作機。
サーベラス
後継機。

リンク[編集]