ウナト・エマ・セイラン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウナト・エマ・セイラン(Unato Ema Seiran)[編集]

オーブ宰相で、五大氏族であるセイラン家の首長であり、ユウナ・ロマ・セイランの父親。 考え方は大西洋連邦寄り。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
世界安全保障条約への締結を(一応の)代表首長であるカガリが反対する中で強く推進し、同時にカガリとユウナの結婚を強く勧め、またオーブ艦隊を黒海に派遣したが、後にロード・ジブリールを匿った故にオーブを攻撃され、オーブ攻防戦の最中に死亡した。

人間関係[編集]

ユウナ・ロマ・セイラン
息子。
カガリ・ユラ・アスハ

名台詞[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

ジオグーン
避難していたシェルターにこの機体が突入してきた事で命を落としている。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]