ガディール

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガディール
外国語表記 Gadeel
登場作品
デザイナー 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
分類 空戦用量産型モビルアーマー
型式番号 NRMA-006
全長 18.2m
本体重量 7.0t
開発組織 新地球連邦軍
所属 新地球連邦軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

新地球連邦軍の量産型モビルアーマー。制空権の確保を目的に開発された。

機体形状は戦闘機に近い空気抵抗の少ない物で、両翼に高推力のエンジンを搭載している。エンジン下部には収納式のマニピュレーターを備えており、モビルスーツと同じく武装の携行が可能となっている。また、センサー部分にはドートレス系の物が使用されている。従来の飛行可能なモビルスーツを超える機動性や加速性を発揮する。

新連邦再建の際の制空権の確保を目的に[1]開発された機体ではあるが、航空戦力を有する地球上の他の組織はエスタルドなど極一部であった。その為、バリエントで十分と判断され生産は30機とごく少数に留まっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動新世紀ガンダムX

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビームライフル
本機用の長銃身ビームライフル。機体下部に装着されており、機体から外して携行[2]することで細かい照準が可能となる。また、宇宙世紀の「ロングビームサーベル」の様な銃口からのビームサーベル発振が可能。
ビームサーベル
円筒型グリップのビームサーベル。劇中ではビームライフルの銃剣サーベル機能ではなく、こちらを使用している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

バリエント
航空能力を重視した新地球連邦軍の量産モビルスーツ

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. つまりは「相手の航空戦力への対抗」を目的としている
  2. 機体とはエネルギー供給用のコードで繋がっている事が一部画稿で記されている