ガンキャノンA

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンキャノンA
外国語表記 Guncannon A
登場作品 M-MSV
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 支援用試作型モビルスーツ
型式番号 RX-77-1A
頭頂高 17.5m
本体重量 51.0t
全備重量 72.0t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,380kW
スラスター総推力 51,800kg
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
センサー有効半径 6,000m
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連邦軍の試作型モビルスーツガンキャノンの試作段階のバリエーションの1つである。

本機の目的は厚い装甲を持つガンキャノンの機動力を極力落とさない装甲パターンの研究とオプション武装のテストとなっている。そのためガンキャノンと比べると装甲の付いている箇所が少し多く、採用されなかったと思われる武装が見られる。コアブロックシステムが採用されているかは不明。

登場作品と操縦者[編集]

M-MSV
出典元。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵されている機関砲。
ビーム・ライフル
連邦軍で初めて採用されたビーム兵器。ガンキャノンの物と同じ物かは不明。
キャノン砲
両肩部に計2門装備されているキャノン砲。ガンキャノンのキャノン砲とは形状が異なる。
3連ミサイルポッド
左前腕部に装備されるオプション兵装。採用されなかったのか後のガンキャノン系列の機体には見られない。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンキャノン
V作戦によって完成したガンキャノン。

商品情報[編集]

ムック [編集]

リンク[編集]