2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

トライバーニングガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

TBG-011B トライバーニングガンダム (Try Burning Gundam)[編集]

カミキ・セカイが使用するガンプラビルドバーニングガンダムの改修機で、セカイとユウマフミナの3人で完成させた。
セカイが新たに会得した技「鳳凰覇王拳」に対応する為、装甲や関節部の強化を行いつつ「バーニングバーストシステム」と呼ばれる新システムを実装している。これによって粒子放出量を限界まで増大できるようになり、鳳凰覇王拳を使用しても自壊する危険性は無くなった。「アシムレイト」も引き続き使用可能で、この時には一部装甲がパージされて各部フレームに内蔵された青いクリアパーツから炎のエフェクトが発生する。全身を燃え上がらせるその姿はまさに「バーニング」の名に相応しい。
大幅な改修が行われてはいるが全体的な外観は改修前と比較しても大きな変化があまりなく、両肩部などの装甲で隠れていた部分のクリアパーツも露出させているのが最大の相違点。戦闘スタイルも以前と変わらず次元覇王流拳法による格闘戦であり、自身に有利な間合いで戦えるかがカギである点も同様である。武装も一切持たないが、本機では鳳凰覇王拳を使う事で中距離以遠の敵機への対応も可能となっている。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダムビルドファイターズトライ
ファイターはカミキ・セカイチーム トライ・ファイターズのエース機として運用されている。
ガンプラバトル選手権全国大会の1回戦第1試合にてオホーツク学園のチーム・アモルファスと対戦し、スクリュー・ガブスレイとソルティ・キュリオスを撃破して勝利した。
その後も苦戦を強いられながらもチームを勝利に導き、決勝戦ではキジマ・ウィルフリッドトランジェントガンダムと戦って破損、ライトニングガンダムフルバーニアンスターウイニングガンダムのパーツで修復して延長戦に臨み、ボロボロになりながらも勝利して優勝を果たした。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

アシムレイト
ファイターが自身に強力な暗示をかけ、その肉体や五感をガンプラと一体化させた状態。極限まで機体の性能を発揮できるようになり、その差は通常時の3倍以上となる。言うなれば「ファイターによるトランザムシステム」。
粒子ではなくファイターの精神力を原動力としており、それが持続する限り状態を維持できるので限界時間は存在しない。しかし消耗が非常に激しく、長期戦や連戦には不向き。使用後は気を失ってしまう事も少なくない。また、アブソーブシステム等で機体の粒子を吸収された場合でも解除される。
一体化する事でガンプラが受けたダメージがファイターにもそのままフィードバックされてしまうなど、かなりハイリスク・ハイリターンな機能である。
バーニングバーストシステム
RGシステムを元にユウマが考案したシステムで、蓄積した膨大な量の粒子を全面開放し、性能を一時的に引き上げる。
その凄まじい放出量で機体が自壊してしまう事を防ぐべく、各クリアパーツ周辺の装甲を分離して露出面積を更に拡大させており、これによって粒子放出がより円滑化され、その量を限界まで引き上げられるようになった。
バリア
放出される粒子をコントロールする事で、アシムレイト時に発生する炎をバリアとして機能させる。
プラフスキーパワーゲート
スターファンネルを使って形成される円形の粒子ゲート。発射した粒子ビームの出力強化やゲートを通過した物体の加速力向上等に使用される。
パーツ交換
決勝戦の直前にユウマとミナトによって全身のポリキャップを統一化するという大改造が施されており、破損したパーツを僚機の物と交換できるようになっている。

武装・必殺攻撃[編集]

格闘
徒手空拳による格闘戦を行う。セカイの次元覇王流拳法により非常に高い攻撃力を発揮。
次元覇王流聖拳突き
いわゆる「正拳突き」だがその威力は凄まじく、敵機は攻撃を受けた際の衝撃で遠くまで吹き飛ばされてしまう。
次元覇王流疾風突き
拳を突き出して突撃する技。この時、プラフスキー粒子の衝撃波で突風が生み出される。
次元覇王流聖槍蹴り
空高くジャンプした後に落下する際のスピードを上乗せする事で威力を倍化させた蹴り。こちらでも粒子の衝撃波が発生する。
次元覇王流蒼天紅蓮拳
機体をスピンさせながら繰り出すアッパーカット。
次元覇王流旋風竜巻蹴り
機体を高速で回転させ、その際の遠心力を利用して蹴りを繰り出す技。
回転時に発生する竜巻状の激しい気流を利用して敵機から発射されたミサイル等を撃墜できる。またフェイントとしても効果があり、別の技を使う前に気流を発生させる事で相手が旋風竜巻蹴りを使ってくると思い込んだ隙をつける。
次元覇王流流星螺旋拳
拳を回転させると同時に粒子を纏わせて繰り出すパンチ。
次元覇王流弾丸覇岩拳
高高度から地面に対してパンチを撃ち込む技。その威力で広範囲に衝撃波が引き起こされる。
次元覇王流閃光魔術蹴り
空高くジャンプした後に敵機の膝関節に目掛けて蹴りを繰り出し、更に膝蹴りを見舞う技。言ってしまえばプロレス技の一つ「シャイニング・ウィザード」である。
次元覇王流波動裂帛拳
拳に纏った粒子の炎を地面に叩きつけ、敵機に向かって地表を走らせる技。空中の敵機に対しても攻撃が可能だが、地面の無いバトルフィールドでは使用できないと思われる。
カミキガンプラ流奥義鳳凰覇王拳
次元覇王流拳法の技ではない、セカイが独自に編み出したオリジナルの技で、凄まじい威力を持つ。前方に突き出された両腕に全身のクリアパーツから放出された粒子の炎が全て収束され、火の鳥となって打ち出され相手に襲い掛かる。非武装機体であるトライバーニングが中・遠距離の敵機に対して攻撃できる数少ない技の一つである。
一度に大量の粒子を放出するので、ビルドバーニングでは機体にかかる負担が大きすぎて使用後に腕が砕けてしまうが、トライバーニングならば問題なく使用可能。片腕でも打ち出せる上、敵機を一撃で撃破できる程度の威力がある。
当初は技名が特につけられておらず、メイジン杯カミキバーニングガンダムが使用した際に明らかになった。
分身攻撃(技名不明)
ディナイアルガンダムとのバトルで編み出した、次元覇王流拳法とガンプラバトルを融合させた技。
粒子で出来た七色の分身がトライバーニングから放たれ、青が聖拳突き、緑が疾風突き、赤が蒼天紅蓮拳、黄色が弾丸覇岩拳、白が閃光魔術蹴り、紫が流星螺旋拳、オレンジが波動裂帛拳を繰り出す。そして本体が発勁のような技を繰り出してとどめを刺す。最後の技は特に威力が高く、バトルフィールドとなっていた台地を半分破壊する程である。
ちなみに分身は敵の攻撃が命中するとまるで量子するかのように霧散し、再構築されて攻撃を続行する。また最後の技はマニピュレーターの形が爆熱ゴッドフィンガーのようになっている。
炎の剣(名称不明)
トランジェントガンダムとのバトル中に作り出した武器で、機体から放出される炎を剣の形にして攻撃する。
スターファンネル
スターウイニングガンダムが装備している武装。決勝の延長戦で装備していた。
突撃
バーニングバーストシステムを発動させて全身の炎を身に纏い、自らを火の鳥と化して突撃する。プラフスキーパワーゲートも併用する事で突進力が増大している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

カミキバーニングガンダム
全国大会を終えた後にセカイが自作した機体。トライバーニングガンダムを参考にしている。
ビルドバーニングガンダム
ベース機。イオリ・セイが製作した。
ビルドストライクガンダム
ビルドストライクガンダム フルパッケージ
スタービルドストライクガンダム
ビルドストライクガンダムコスモス
ビルドガンダムMk-II
イオリ・セイがこれまで製作したオリジナルのガンプラ達。
ダブルオークアンタ
劇場版 機動戦士ガンダム00 -Awakening of the Trailblazer-」に登場する機体。粒子放出量を最大まで引き上げる際の装甲のパージや接近戦を主体とした戦闘スタイルなどといった共通点がある。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]