トランジェントガンダムグレイシャー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

GN-10000 トランジェントガンダムグレイシャー(Transient Gundam Glacier)[編集]

アネガオオジ・リンジーが製作したガンプラ。キジマ・ウィルフリッドへの対抗心から製作したトランジェントガンダムのカスタム機。カラーリングはダークブルーと紫色。胸部にはGNドライヴが搭載され、プラフスキー粒子で再現された機能性により高い機体性能と出力を持つ。各部にはGNコンデンサーや紫色のクリアパーツが配され、背部にもコーンスラスターと翼状のデバイスを備える。クリアパーツ内にはプラフスキー粒子が絶対零度に近い温度で保管されており、「グレイシャー」の名の通り冷凍系の攻撃を得意としている。製作した本人はオリジナルを超える性能があるというが、実際に両機が戦闘をしたことがないので真相は不明となっている。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダムビルドファイターズ炎トライ

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

GNフィールド
GN粒子で形成されるバリア。様々な攻撃を防ぐ事ができる。本機ではプラフスキー粒子で再現されている。

武装・必殺攻撃[編集]

GNパルチザンII
本機の主兵装で、機体の全高に匹敵する大型の槍。両端に大きさの異なる刀身を備え、刃はクリアパーツで出来ている。2本に分割して使用する事も可能。
ランスビット
分割した状態のGNパルチザンを遠隔操作する事でビットとして機能する。刺突攻撃や射撃によるオールレンジ攻撃が可能。
GNバルカン
両腕部に1門ずつ、計2門を内蔵。速射式の粒子ビーム砲で、迎撃や牽制等に使用される。
GNビームサーベル
GNバルカンの砲口からビーム刃を形成する事でGNビームサーベルとして使用可能。切られた相手は凍結する。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

トランジェントガンダム
オリジナル機。

商品情報[編集]

リンク[編集]