ハーフビーク級戦艦

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ハーフビーク級戦艦
登場作品 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
デザイナー 形部一平
テンプレートを表示
スペック
分類 宇宙戦艦
全長 400m
主動力 エイハブ・リアクター
装甲材質 ナノラミネートアーマー
開発組織 ギャラルホルン
所属 ギャラルホルン
テンプレートを表示

概要[編集]

ギャラルホルン宇宙艦隊の主力艦。避弾経始を重視したのか扁平な流線型の船体が特徴で、カラーリングはアリアンロッド艦隊がブルーグレー、地球外縁軌道統制統合艦隊や革命軍所属艦は白。体当たり攻撃を想定した強襲装甲艦とは異なりMS母艦や個艦火力、装甲、機動力をバランスよく備えて設計されている。やや膨らんだ船体後部に主要機能が集中しており、艦尾に縦に2つ並んだ推進器を持つほか、ブリッジは収納して戦闘態勢に移行させることもできる。また、甲板部分には大きくセブンスターズ各家の紋章などがマーキングされることもある。 MSは艦底部に備えた1基のカタパルトから発艦し、帰艦時は後部ハッチから収容される。武装は艦中央上部の連装主砲2基と両舷のミサイルランチャー、両側面の対空砲4基。

同型艦 [編集]

スレイプニル
ボードウィン家の専用艦。カラーリングは青紫。
ヴァナディース
地球外縁軌道統制統合艦隊の旗艦で、カルタの座乗艦。カラーリングは白。
GHS-1889(艦名不明)
夜明けの地平線団討伐の際、石動・カミ―チェが乗っていた艦。鉄華団とともに夜明けの地平線団と戦う。
GHS-2015(艦名不明)
アリアンロッドと革命軍・地球外縁軌道統制統合艦隊の大規模会戦時における革命軍の旗艦。ライザ・エンザが座乗していたが、ダインスレイヴの直撃を受け撃沈。
GHS-0205 ファリド家の専用艦(艦名不明)
アリアンロッドと革命軍・地球外縁軌道統制統合艦隊の大規模会戦時における地球外縁軌道統制統合艦隊の旗艦であり、マクギリスの座乗艦。彼がアリアンロッド艦隊に特攻した際に轟沈。
GHS-0515(艦名不明)
アリアンロッド所属艦。突っ込んできたファリド家の専用艦を避けきれず共に轟沈。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
ギャラルホルンの主力艦として多数登場。革命軍とアリアンロッドの全面対決では少なくとも地球外縁軌道統制統合艦隊と革命軍に各10隻、アリアンロッドに44隻が確認できるほか、ギャラルホルンが絡む宇宙戦のシーンには必ず登場する。作品全体として兵器が堅牢に描かれている影響か、量産艦としては撃沈の描写がかなり少ない。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

主砲
艦中央上部に連装砲を2基装備。
ミサイル発射管
艦体両舷に複数装備。
対空砲
艦橋の根本付近に左右2基ずつ装備。装備位置から見るに艦の下半分がガッツリ死角となる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

スキップジャック級
アリアンロッド艦隊の旗艦。
ビスコー級クルーザー
同じくギャラルホルン保有の艦船。僚艦となることもある。


リンク[編集]