2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ビッグトレー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ビッグトレー(BIG TRAY)[編集]

概要[編集]

地球連邦軍が地上で運用する陸戦艇で、「陸上戦艦」と呼ばれることもある。長方形の船体の前方に大型の艦橋を備え、四方に大口径の火砲を配置している。底部の熱核ジェット・エンジンによるホバークラフトによって陸上だけでなく水上でも運用可能。艦橋左右の大型通信アンテナやVTOL機の運用能力、戦艦並みの火力を備える一方小口径砲や対空火器はなく、後方からの指揮と火力支援に特化している。ただし、『MS戦線 0079外伝』では対空機銃を大量に増設した艦も登場している。

主に将官クラスの高級将校が乗艦しており、大規模攻勢や拠点防衛における前線司令部として機能するほか、ヘビィ・フォーク級などとともに部隊を組む。大規模な攻勢がなくなった一年戦争以後は急速に戦略的な価値が低下したのか、時系列的には『刻に抗いし者』にてグリプス戦役中のニューギニア基地防衛戦に参戦して以降登場していない。

同型艦[編集]

バターン
オデッサ作戦に旗艦として参戦した艦で、レビル将軍が乗艦している。
マルケッティア
同じくオデッサ作戦にエルラン中将の乗艦として参戦。オデッサ作戦にはこの他にも複数の同型艦が参加しており、うち1隻がダブデと衝突して大破している。
名称不明艦(極東方面配備)
極東方面に配備され、ラサ基地攻略に投入された艦。艦首の固定砲がメガ粒子砲になっているのが特徴。イーサン・ライヤーコジマが乗艦していたが撃墜される寸前のアプサラスIIIが放ったメガ粒子砲が艦橋に直撃、大破している。
クィーンタートル
『刻に抗いし者』に登場。一年戦争の殊勲艦とされるが、ケラウノス隊の夜襲に遭い大破した。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム
オデッサ作戦前後とジャブロー防衛戦において登場。レビルやエルランなどが乗艦する大型の移動司令部として描かれているほか、ジャブロー地上の密林にも1隻が配備されている。
機動戦士ガンダム 第08MS小隊
終盤のラサ基地攻略戦で1隻が登場。作戦本部として機能するがアプサラスIIIの攻撃によって撃破された。
機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線
初登場となる派生型のヘビィ・フォーク級とともに第4打撃部隊を構成し、大火力によってトーチカを潰すなど友軍を支援しているが、弾着点で視界不良が発生したことで前線の陸戦型ジムなどが罠に嵌るきっかけを作ってしまう場面もあった。

装備・機能[編集]

機能[編集]

VTOL発着スポット
艦橋上部にドラゴン・フライなどのVTOL機を発着させられる。

武装[編集]

艦首大型砲
艦首下部に単装砲を2門装備。口径は大きい物の射角がほぼ完全に(しかも友軍が展開していることが多い前方に)固定されているためか発砲の描写がほとんどない。
メガ粒子砲
『08小隊』に登場した艦は大型砲をメガ粒子砲に換装している。
三連装大型砲
両舷の張り出しと艦後方に1門ずつ装備。艦首の砲と異なり通常型の砲塔を採用しているうえに射界が広く、恐らくこちらの方がかなり使い勝手がいい。
対空機銃
『MS戦線 0079外伝』に登場した艦が大量に装備。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ヘビィ・フォーク
派生艦
ミニ・トレー
小型陸戦艇。ビッグ・トレーを小型化したような外観を持つ。
ドラゴン・フライ
艦載機として登場。

商品情報[編集]

リンク[編集]