ビルゴ³

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビルゴ³
読み ビルゴキューブ
外国語表記 Virgo Cube
登場作品
デザイナー 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
別表記 ビルゴIII
分類 モビルドール
型式番号 OZ-04MD
頭頂高 16.3m
重量 7.3t
装甲材質 ガンダニュウム合金
開発組織 P3(パーフェクト・ピース・ピープル)
開発拠点 ウルカヌス
設計 ツバロフ・ビルモン
所属 P3(パーフェクト・ピース・ピープル)
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ツバロフ・ビルモンが残したデータを元にP3(パーフェクト・ピース・ピープル)が開発したモビルドール。機体のナンバリングである「³」は英語で「3乗 (Cube)」を意味する[1]

機体自体はビルゴIIとあまり変わりないが、武装面が変更されている。メガビーム砲はビルゴと同じく腕部固定式となり、プラネイトディフェンサーは数こそ減ったものの出力が強化されているため総合的な防御力は向上している。他の武装は変わりない。

『Frozen Teardrop』に登場した機体は戦闘プログラムが改良され、機動性も向上した機体となっている。また、コックピットが存在しておりモビルドールとしてではなく、モビルスーツとしての運用が可能となっている。ウルカヌスに配備されたスコーピオにもコックピットが存在していたが、本機にも元々備わっていたかは不明。

登場作品と操縦者[編集]

新機動戦記ガンダムW BATTLEFIELD OF PACIFIST
本機の初出。 ウルカヌスで秘密裏に開発され、同施設の防衛戦力として運用された。事件後はウルカヌスと共に太陽に向けて廃棄された。
新機動戦記ガンダムW Endless Waltz (小説版・漫画版)
マリーメイア軍ブリュッセルを占拠した際、プリベンターの一員がウルカヌスに接触。レディ・アンが本機の起動を促すもゼクスに制止されたため、起動する事無く役目を終えた。
新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

プラネイトディフェンサー
両肩に計2基装備されている。数自体は減っているが出力が強化されており、防御力は向上している。

武装・必殺攻撃[編集]

メガビーム砲
右腕部に固定装備されているビーム砲。装備方式が変わっただけで性能自体に変わりはない。
ビームサーベル
両肩に2基格納されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ビルゴII
ベース機。
ビルゴIV
本機を火星用に改修した機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 公式資料を含め、媒体によって「III (スリー)」が用いられる