2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ファラオガンダムXIII世

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファラオガンダムXIII世
外国語表記 Pharaoh Gundam XIII
登場作品 機動武闘伝Gガンダム
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 第13回ガンダムファイト大会用モビルファイター
登録番号 GF13-051NE
頭頂高 16.6m
本体重量 7.8t
装甲材質
開発組織 ネオエジプト
所属 ネオエジプト
ガンダムファイター カウラー・ラムゼス
テンプレートを表示

概要[編集]

第13回ガンダムファイトのネオエジプト代表モビルファイター。ネオエジプトは代々ファラオガンダムの名を受け継いでおり、本機のモチーフは古代エジプトの一般兵となっている。

代々のファラオガンダムの特性を引き継いだ機体で、砂漠戦においては他の機体を凌駕する性能を誇る。武装に関しては披露する場面がなかったため、固定装備以外不明。

登場作品と操縦者[編集]

機動武闘伝Gガンダム
第10話に登場。ガンダムファイターはカウラー・ラムゼス。整備中にファラオガンダムIV世に襲われコックピットを一撃で破壊されてしまった。また、機体の残骸もファラオガンダムに利用されたため予選敗退となった。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部左右に2門ずつ計4門内蔵されている機関砲。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ファラオガンダムIV世
第4回ガンダムファイト大会用のネオエジプトのモビルファイター。本機はこの機体に破壊されてしまった。

リンク[編集]