マユ・アスカ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
マユ・アスカ
外国語表記 Mayu Asuka
登場作品 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
声優 桑島法子 (DESTINY第1話)
坂本真綾
テンプレートを表示
プロフィール
種族 人間 (コーディネイター)
性別
生年月日 C.E.62年
年齢 9歳
没年月日 C.E.71年6月15日
髪色 茶髪
瞳の色 茶色
職業 民間人
テンプレートを表示

概要 [編集]

シン・アスカの今は亡き妹。

兄妹の仲はとても良く、彼女にとってシンはよきお兄ちゃんであり、シンにとっても大切な妹であった。シンが戦争を憎み、アスハ家の者に敵愾心を隠さないのは、彼女と両親を奪われたことが原因であり、それだけ家族を大切に思っていたことの裏返しでもある。

オーブ解放作戦において、避難の途中にフリーダムガンダムカラミティガンダムの戦闘による物と思われる流れ弾に巻き込まれ両親と共に死亡した。

避難中、彼女が落とした携帯電話をシンが取りに行ったことで彼だけは命が助かった。

シンは彼女の形見となったピンク色の携帯電話を大切に保管している。携帯電話には彼女や彼女の写真、(おそらくはマユが撮ったのであろう)シンの写真などが残されていた。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
第1話で登場。

人間関係[編集]

シン・アスカ
兄。仲が良かった故に、彼女の死はシンにとって苦悩の一因となっている。

名台詞 [編集]

「はーい、マユでーす。でもマユは今電話に出られません。何かご用のある方は発信音の後にメッセージを…」
マユのケータイの留守番電話用のメッセージ。マユの死によりシンが聞く事のできる唯一の声となってしまった。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]