モンド・アガケ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

モンド・アガケ(Mondo Agake)[編集]

シャングリラでのジュドー・アーシタの仲間。基本的にはメカニックの役割が多いが、時には百式等のMSのパイロットも務めた。

当初はビーチャ・オーレグの腰巾着のような役割で、ビーチャとともにネオ・ジオンに降伏するなどのトラブルも起こしたが、ムーン・ムーンでのラサラ・ムーンとの出会いや死を体験して成長していった。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムΖΖ

人間関係[編集]

ビーチャ・オーレグ
相棒。
ラサラ・ムーン
ムーン・ムーンで出会った少女。サラサ・ムーンは彼女の双子の姉。
スタンパ・ハロイ
サイド3の歓楽コロニー・タイガーバウムの所有者。ラサラを殺したことにより、彼女の仇である彼を倒した。

名台詞[編集]

「ラサラさんの仇ぃー!!」
「じゃあ聞くけどね、悲しめば死んだ人間が生き返ってくるとでもいうのか、ええ?済んだことはさっさと忘れちまった方がいいのさ。人間なんて死んじまえばそれっきりだ。けど、けど、俺達はこの先、ずっと生きていかなきゃならないんだぞ!」
45話でエマリーが戦死し、艦内の空気が重いのをなんとかしようと「エアコンの故障」とわざと軽口を叩くが、エルを怒らせる。しかしモンドは自分なりの価値観を説く。

搭乗機体・関連機体[編集]

百式
メガライダー
ガンダムMk-II

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]