Gバウンサー・デオス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
Gバウンサー・デオス
外国語表記 G-Bouncer Deos
登場作品 機動戦士ガンダムAGE ユニバースアクセル / コズミックドライブ
テンプレートを表示
スペック
分類 実験用モビルスーツ
テンプレートを表示

概要 [編集]

PSP用ソフト『機動戦士ガンダムAGE ユニバースアクセル / コズミックドライブ』に登場した機体。外見はミントグリーンのGバウンサーで、色以外はウルフ機と同一。

AGE本編42話に登場したテスト用MSとは立場も色も似ているが別の機体とされるが、資料によってはGバウンサー・デオスと同一視されることもある。相違点としては、デオスの方が機体色がやや濃いめ、デオスがGバウンサーの専用シールドを引き続き装備しているのに対してテスト機は独自形状のシールドを装備している、テスト機は頭部アンテナが簡略化されている等が挙げられる。

ティエルヴァ以前に存在していた実験機として、公式設定上にその名前を確認することができる。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムAGE ユニバースアクセル / コズミックドライブ
Gバウンサーの色違いのMSとして登場。機体説明は「Gバウンサーのカスタム機。」の一文のみとなっている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビームサーベル
両腰のサイドアーマーに1本ずつ計2本装備。
シールド
Gバウンサーの専用装備であるシグルブレイド付きのシールド。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

Gバウンサー
ベース機。
ティエルヴァ
Gバウンサーをベースにした、Xラウンダー対応機。
テスト用MS
AGE第42話の回想に登場した機体。資料によってはこの機体の名称が本機と同じ「Gバウンサー・デオス」となっている物も見られる。
パイオニアα
小説版第3部に登場。Xラウンダー用に少数生産された改修機。3部冒頭のビッグリング戦に6機が投入されるが、ほとんどがゼハートギラーガ1機にたやすく撃破される。

商品情報[編集]

ゲームソフト [編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]