SEシステム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

SEシステム[編集]

月刊模型雑誌『ホビージャパン』の連載企画「TYRANT SWORD of NEOFALIA」に登場したシステム。SEとは「Subject Effacement 」の略称。反重力機能を持つが、その大部分は慣性制御フィールドとして利用されて、ソード型機動兵器が発生させる異常なGにより機体が自壊するのを防ぐために使われる。

SEドライブ[編集]

SE計画によって得られた、推進システム。

SEジェネレータ[編集]

一種の重力ジェネレータで、暫定的空間粒子消失制御システムとも言うべき物。ミノフスキー物理学の権威ネイナ・ラフィット・ファルム女史により基礎理論が発見された。

エネルギー効率の高さが特徴であり、それに伴う超高出力は空間を歪めて磁場を狂わせる。この性質により、SEジェネレータは反磁力、反重力システムとして機能し。またエネルギーの消失、転移現象による通信システム及び空間センサーとしても利用される。

SEフィールド[編集]

タイラント・ソード及びタイラント・ソード改 アグレスが使用する力場。
SCENE.4では、タイラント・ソードメッサーラ・ディノファウスト・ジュピターからのメガ砲を防ぐのに使用し、SCENE.5では、タイラント・ソード改 アグレスが使用してメッサーラ・ディノファウスト・アルファ部隊の集中砲火を防ぐなどバリアーの機能を持っている。
攻撃に転用も可能でSCENE.5では、タイラント・ソード改 アグレスがSEフィールド発生ベクトルを変更して、メッサーラ・ディノファウスト・アルファ84機へ解き放つと、彼等を全滅させている。

登場作品[編集]

TYRANT SWORD of NEOFALIA
タイラント・ソードのフォト・ストーリー部分。

関連用語[編集]

ネオファリア
本システムを開発した組織。
ソード
本システムを搭載した機動兵器の総称。

商品情報[編集]

リンク[編集]