ソード (カテゴリー)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ソード(Sword)[編集]

ネオファリアにおいて、ネイナ・ラフィット・ファルム女史を研究主任として、開発された新機軸の機動兵器カテゴリー。 藤田一己が言うには、この兵器の基本思想は、無敵、最強。構想されていた最終段階では、無人の補助兵器4種8機(強力な火器を用いて前衛を務める三機のパシケファロ・ソード、後方支援用二機のアパト・ソード、情報収集用に索敵能力が高められた一機のイクチオン・ソード、タイラントをガードする二機のスレイヴ・ソード)を一機のイラント・ソードに随伴させ、一つのユニットを形成。これらソードは、地球軍の全MSに匹敵する戦力となると想定されていたが、これこそ、ネオ・ファリアとソードが消滅した理由その物だった。

ソードを開発したSE計画は、元はタイラント開発計画と言い、アナハイム・エレクトロニクス社は高度な技術力、工業力を背景にした企業力の拡大、政治力の強化を意図していた。しかし、アナハイムが影から支配を維持するためのブラフ(はったり)として、”超兵器ソード”の実用化を急ぎ、U.C.0086という戦乱の真っ只中にロールアウトしたタイラント・ソードのポテンシャルは、開発者の意図を越え、あまりにも強大で危険な存在になりつつあった。強すぎるカードはブラフの意味を持たない。既に充分な力を持っていたアナハイムにとって、強すぎるカードであるタイラントはあってはならない物だったのかもしれない。 遂に連邦政府上層部はその存在を疎ましく思って、木星師団(ジュピターズ)との共倒れを狙う。そしてタイラントは木星師団をたった4機という小規模な戦力で退けるが、開発組織であるネオファリアはU.C.0088に閉鎖。ソード型兵器群は撤収され、その資料も処分、存在は時代の闇に消えていった。

登場作品[編集]

TYRANT SWORD of NEOFALIA
登場した企画「タイラント・ソード」のフォトストーリー部分。

関連用語[編集]

ネオファリア
本兵器群を開発した組織。
SEシステム
本兵器群に搭載されたシステム。