トール・ケーニヒ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

トール・ケーニヒ(Tolle Koenig)

ヘリオポリスにおけるキラ・ヤマトの工業カレッジでの友人。明るく屈託のない性格で、ムードメーカー的ポジション。 お調子者だが無責任ではなく、キラがコーディネイターである事を知りながらも友人として心身を案じ、ピンチの際には恐怖をものともせず飛び出していくなど(後先考えないが)仲間想いの性格であった。 アークエンジェルに避難した後、副操舵士を担当する事になる。ミリアリアとは恋人同士の仲。

後にスカイグラスパー2号機のパイロットとなるが、イージスガンダムが投擲したシールドがスカイグラスパーのコクピットを直撃したことにより戦死する。 目の前で親しい友人を失ったことで、キラはアスランへの友情よりも憎悪を優先させてしまう。以前の戦闘のキラがニコルの命を奪っている事もあり、互いに互いの友人の命を奪った事で互いへの友情よりも憎しみが強くなり本気で命を奪い合う事になってしまう。

登場作品と役柄

機動戦士ガンダムSEED

人間関係

ミリアリア・ハウ
恋人。
キラ・ヤマト
友人。彼を助けるために戦闘に割って入り、命を落とす。
サイ・アーガイル
友人。
カズイ・バスカーク
友人。
ニコル・アマルフィ
原作では出会っていないが、彼の死がトールの死に繋がっている。
フレイ・アルスター

名台詞

「へへ。大丈夫だって。支援だけなんだからさ」
自分の身を案じるミリアリアに対して言った台詞。
スカイグラスパーで出ます!危ないですよ、このままじゃ!」
アークエンジェルのクルー達と交わした最後の会話。
「え…っ!?」
最期の台詞。

搭乗機体・関連機体

アークエンジェル
スカイグラスパー2号機

商品情報

話題まとめ

資料リンク

リンク