「フェイクνガンダム」の版間の差分

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
60行目: 60行目:
 
;[[νガンダム]]
 
;[[νガンダム]]
 
:新型アーマーのベースとなった機体。
 
:新型アーマーのベースとなった機体。
;[[アルスアースリィガンダム]] / [[ディビアスアルケーガンダム]]
+
;[[アルスアースリィガンダム]] / [[デュビアスアルケーガンダム]]
 
:プラネッツシステムを使用した換装形態。
 
:プラネッツシステムを使用した換装形態。
 
<!-- == 余談 == -->
 
<!-- == 余談 == -->

2020年7月31日 (金) 19:46時点における最新版

フェイクνガンダム
外国語表記 FAKE ν GUNDAM
登場作品 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE
デザイナー
  • 海老川兼武 (本体)
  • 形部一平 (アーマー)
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ (ガンプラ?)
型式番号 AGP-X1/NU
全高 18.9m
本体重量 56.6t
開発組織 アルス
所属 ヒトツメ
主なパイロット ガードアイ
テンプレートを表示

概要[編集]

アルスコアガンダム[1]νガンダムを元に開発した新型アーマーと合体した全方位攻撃形態。機体カラーはνガンダムに近い白と黒を基調にしている。

アルスアルスアースリィガンダムが完成した後もプラネッツシステムとGBNガンプラバトルデータの解析を続けており、νガンダムの総合的な強さに着目して本機を開発した。「全方位攻撃」をコンセプトにしている通り、フィンファンネルによるオールレンジ攻撃を主眼としつつ、本体の性能自体も極めてハイスペックとなっている。

フィンファンネル以外の武装もνガンダムが装備していた物をモチーフとしておりアーマーの外見も似た物となっているが、左右非対称の頭部アンテナなど相違点も多い。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE
ep22でデュビアスアルケーと共に初登場。アルスアースリィも加えた3機編成でヒロト達を苦戦させた。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

プラネッツシステム
元はコアガンダムに搭載されていた連携合体換装システム。アルスヒロトのコアガンダムのそれを解析・模倣し、独自にアーマーを作り出している。アルスコアガンダムの場合は各アーマーが支援機と合体する事なく、射出されたアーマーと直接合体する。

武装・必殺攻撃[編集]

ビームブレイド
マニピュレーターにジェネレーターのエネルギーを収束させ、ビーム刃を展開する格闘兵装。
バルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。
ビームライフル
コアスプレーガンにバレルを合体させたビームライフル。νガンダムのビームライフルと同等の機能を有しており、ビームを圧縮して間欠的に発射する事が可能で、マシンガンのような運用も行える。
ビームサーベル
バックパック右側に1基装備されている近接武装。グリップ形状はνガンダムの物と酷似している。
フィンファンネル
バックパック左側に6基装備されている遠隔操作武器。νガンダムの物と比べると丸みを帯びた形状となっている。機能面は同等で、複数のファンネルを機体周囲に展開することでビームバリアの展開も可能。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

アルスコアガンダム/エルドラコアガンダム
素体。
νガンダム
新型アーマーのベースとなった機体。
アルスアースリィガンダム / デュビアスアルケーガンダム
プラネッツシステムを使用した換装形態。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 劇中ではエルドラコアガンダムが装着していた。