ウィンダム (ドッペルホルン連装無反動砲装備)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィンダム (ドッペルホルン連装無反動砲装備)
外国語表記 Windam Doppelhorn Twin Turret Recoilless Gun Equipment Type
登場作品 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型モビルスーツ
型式番号 GAT-04+AQM/E-M11
装甲材質 不明 (VPS装甲説あり)
開発組織 地球連合軍
所属 地球連合軍
主なパイロット 地球連合軍一般兵
テンプレートを表示

概要 [編集]

地球連合軍が開発した量産型モビルスーツウィンダムに対艦用装備「ドッペルホルン連装無反動砲」を装着した状態。

対艦攻撃はもとより遠距離からの支援攻撃、拠点攻撃などにも向いている。反面、機動性は劣悪である。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
地球連合軍の一般兵が搭乗。第45話のレクイエム攻防戦などで運用が確認されているが、目立った活躍はない。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ヴァリアブルフェイズシフト装甲
フェイズシフト装甲の改良型。の改良型。装甲に掛ける電圧を調整できるようになっており、エネルギー消費の効率化を図っている。その影響で装甲の色が変化するようになった。
本機にも採用されているとされるが、前述のように作中にそれらしい描写はない。これを再現したゲームも長らく存在していなかったが、『SDガンダム GGENERATIONシリーズ』で2019年発売の『CROSS RAYS』でようやく再現された。
分離
ドッペルホルンを分離する。
換装
ストライカーパックを換装する。

武装・必殺攻撃[編集]

ウィンダム本体側 [編集]

M2M5 トーデスシュレッケン12.5mm自動近接防御火器
頭部と胸部に各2門ずつ、計4門内蔵された近接防御機関砲。ダガーLの物と同じ。
M9409L ビームライフル
中距離射撃用の武装。ダガーシリーズではライフルの形状が大きく、貫通力も上がっている。作中、多数のウィンダムがインパルスを狙撃するシーンが存在するが、掠ることすらなかった。
ES04B ビームサーベル
ストライクダガーなどに装備された物の改良型。2本装備。
Mk438/B 2連装多目的ミサイル ヴュルガーSA10
シールドの裏側に内蔵されているミサイル。
Mk315 スティレット投擲噴進対装甲貫入弾
両腰アーマーに収納されている投擲武器。クナイのような形をしており、通常装甲への攻撃力はかなりのもの。
A52 攻盾タイプE
対ビームコーティング処理の施された、本機専用のシールド。

ドッペルホルン側 [編集]

ドッペルホルン連装無反動砲
対艦砲撃戦用のキャノンパック。機体全長を超える2連装の無反動砲により、高い火力を有する。ただ、基部が後方に伸びている事から重心が背部に大きく偏っており、地上では不安定となるため、無重力下での運用が主となる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ウィンダム
ストライカーパック未装備。
ウィンダム (ジェットストライカー装備)
ジェットストライカー装備。
ウィンダム (マルチストライカー装備)
マルチストライカー装備。
エールウィンダム
エールストライカー装備。

商品情報[編集]

フィギュア[編集]

リンク[編集]