ガンダムアメイジングエクシアリペア

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

PPGN-001 ガンダムアメイジングエクシアリペア (Gundam Amazing Exia Repair)[編集]

三代目メイジン・カワグチガンプラ
第7回ガンプラバトル選手権世界大会決勝戦で大破したガンダムエクシアダークマターガンダムアメイジングエクシア)をアラン・アダムスが修復した姿で、スタービルドストライクガンダムの「RGダブルビルドナックル」で貫かれた胸部はガンダムエクシアの物と取り替えられ、破損した左肩にはマントを羽織っている。この為、そのシルエットは「機動戦士ガンダム00(2ndシーズン)」の「ガンダムエクシアリペア」とそっくりになっている(ただし、左腕の有無という明確な違いがある)。

真の決勝戦では更なる修復を受けており、ケンプファーアメイジングの右腕や脛部装甲を装着し、武器を装備している。

ちなみに、これはデザイナーの海老川氏曰く、「アランが『エクシアを急いで修理した機体なら必須だろう』というこだわりによるもの」との事。
なお、機体名はファンの間での通称のようなものだが、模型誌の作例や一部資料集でも「ガンダムアメイジングエクシアリペア」名義で紹介される事がある(ケンプファーアメイジングのパーツで修理した姿は「ガンダムアメイジングエクシアリペア2」として紹介される事も)。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダムビルドファイターズ
ファイターは三代目メイジン・カワグチ
巨大アリスタの破壊時に使用され、多数のモックを撃破するが本機も再び損壊し、再度修復を受けてスタービルドストライクガンダムと対峙、プラフスキー粒子が消失するその瞬間まで激戦を繰り広げた。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

トランザムシステム
機体内に蓄積させた高濃度圧縮粒子を全面開放するシステムで、使用中は機体が赤く輝く。機体出力を3倍以上に引き上げる事が出来るが限界時間がある上、使用後は性能がしばらくの間低下してしまう。
本機ではプラフスキー粒子を使って再現している。途中解除も可能だが、修復前から可能だったのかは不明。ちなみに起動中はマントも赤く輝いている

武装・必殺攻撃[編集]

アメイジングGNソード
右腕に装着される実体剣で、本機の主兵装。刀身を折り畳む事でライフルモードに変形し、射撃が可能となる。またベース機の設定を反映してか、ビームサーベルとの鍔迫り合いも行える。元々装備していたGNソードのコンセプトをそのまま継承しているという事もあり、機体との相性は非常に良好。
バックラー部は形状が変化し、ビームバルカンを1門内蔵。ここからビームサーベルを形成する事もできる。
設定上はエクシアのGNソードがベースになっていると思われるが、実際にはエクシアリペアIIのGNソード改をベースとしており、そのため刀身部がクリアグリーンとなっている。
GNバルカン
両腕に1門ずつ、計2門内蔵されている。主な用途は牽制や迎撃等。
モード変更によってビームサーベルの展開も可能。粒子の使用量を増加させれば威力を強化できるが、使える時間が短い上にGNバルカン自体が自壊してしまうので、あくまで他の武器を喪失した状態での最後の手段となっている。
アメイジングライフル
ビームサーベル
真の決勝戦で使用したケンプファーアメイジングの装備。

対決・名場面[編集]

真の決勝戦
決勝戦後に起きた緊急事態を終結させた後に「真の決勝戦」としてセイ・レイジ組のスタービルドストライクガンダムと再戦。ケンプファーアメイジングの武器やパーツで応急的に修理して戦いに臨む。一進一退の攻防だったが、最後はプラフスキー粒子が尽きたことで両者ともに機体を動かせなくなり、決着がつく事は無かった。

関連機体[編集]

ガンダムエクシアダークマターガンダムアメイジングエクシア
改修前の姿。
ガンダムエクシアリペア
修理後の姿が似ている。これに関しては修理を行ったアランが「エクシアを修理するならマントは必須」と言う事で意識されている。
ケンプファーアメイジング
メイジン・カワグチが以前に使っていたガンプラ。真の決勝戦の際にはパーツが修理に使われ、片腕と膝の装甲を移植して武器を流用している。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]