2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガンダムレギルス ゼハート機

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

xvm-fzcr ガンダムレギルス ゼハート機(Zeheart's Gundam Legilis)[編集]


ガンダムレギルスのカラーバリーションでゼハートのパーソナルカラーの赤で塗装されている事や型式番号以外に装備や性能に関しては差はない。


登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN
パイロットはゼハート・ガレット。ラ・グラミス攻防戦に投入されガンダムAGE-FXと交戦する。一度は後退するも二度目の出撃に置いては圧倒的な戦闘能力を見せつけて連邦軍のMSや戦艦を多く撃破した。その後、アセムの駆るガンダムAGE-2 ダークハウンドと交戦し、激闘を繰り広げるも敗北した。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

分離
MS本体から分離してレギルスコアになる。
ストーリーでの都合上、残念ながら作中では使われなかった。
Xトランスミッター
脳波コントロールシステム。
ビームバリア
レギルスビットを自機の周囲に大量に展開し、旋回させる事で展開が可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ビームバルカン
従来のヴェイガン製MSと同様、掌に1門ずつ、計2門内蔵されている。また頭部にも2門内蔵。こちらは掌に内蔵されている物よりも小型になっている。
ビームサーベル
接近戦用の武装。両手のビームバルカンから発生させる。
レギルスライフル
本機の携行武装で、ゼイドラのゼイドラガンの発展形と思われる。より大型になり威力も増しているが、ビームサーベルを形成出来るかは不明。
レギルスシールド
左腕に装備。ガンダムからの影響とされる。ドラドのシールドと同じく腕に直接固定する方式が採られており、ビームバルカン及びビームサーベルの使用が妨げられる事はない。また、前方をスライド展開する事で、中腹部からレギルスビットを展開する散布口が露出する。
レギルスキャノン
背部に1門装備されている尻尾状のビーム砲。従来の尻尾状の砲身と比較すると短く、背部中央の推進器の下側から伸びている為、前方へは腋の間か股下から向けられる。
作中では股の下や背後の敵機に対して不意を突く等の使われ方がされていた。レギルスコアの際のほぼ唯一の武装でもある為、本来はそちらの形態としての武装なのかもしれない。
ビームバスター
胸部に1門内蔵されている高出力ビーム砲。
レギルスビット
無線式の誘導兵器で、シールドの散布口から多数射出する事が可能。ギラーガビットと同様に小型の球状ビームをビットとしてコントロールする。ガンダムAGE-3の装甲を易々と破壊しており、ギラーガビットよりも威力は向上していると思われる。
ゼハートが操作した際には、ビームバリアを形成できる程の大量のビットを自機の周囲に展開させるというフォーメーションを多用していた。
格闘
MOEにてダークハウンドとの戦闘にてレギルスライフルや片腕を失ったため、緊急的に使われた。その際にただ殴るだけではなくダークハウンドを踏みつけるなどゼハートの感情が暴走していた事がうかがえた。

対決・名場面[編集]

ガンダムAGE-2 ダークハウンド
ラ・グラミス攻防戦にて怒りに身を任せたゼハートがAGE-FXを狙った時に交戦した。TV版同様、ゼハートは正気を失っていたが激闘を繰り広げてダークハウンドのドッズランサーや装甲の一部を破壊している。まるでゼハートの感情が暴走しているかのようにダークハウンドを殴りつけたり踏みつけたりしていたが、最後はダークハウンドの拳の一撃にて敗北した。

関連機体[編集]

ガンダムレギルス
元機
ガンダムレギルスR
レギルスのバリエーションの一つでゼハート専用機として開発されていた。
ギラーガ
ゼイドラ
ガンダムAGE-3 オービタル


商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]