ガンダムAGE-1 スタークス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムAGE-1 スタークス
外国語表記 Gundam AGE-1 Starks
登場作品
デザイナー 海老川兼武
テンプレートを表示
スペック
分類 戦闘用モビルスーツ
型式番号 AGE-1ST
主動力 プラズマ圧縮炉
装甲材質 特殊鋼材
搭載システム AGEシステム
素体 ガンダムAGE-1
設計 AGEシステム (スタークスウェア)
テンプレートを表示

概要 [編集 | ソースを編集]

AGEシステムが考案したガンダムAGE-1専用ウェアの一つ。

武装にビームランス「ルートレイバーランス」を装備しており、猛スピードで敵機に接近して必殺の一撃を加えた後に離脱するというヒット・アンド・アウェイ戦法を得意としている。大型ブースターが両肩に1基ずつ、小型ブースターが両脚部や両肩、腰部に多数装備されており、驚異的な推進力を持っている。反面、運動性はあまり高くない。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダムAGE ユニバースアクセル / コズミックドライブ
初出作品。プレイアブル機体として実装されている。設定画も存在するが、資料用としてなのかゲーム中の機体とは違ってウェアを半身のみに装備している。
機動戦士ガンダムAGE UNKNOWN SOLDIERS
出典元。第3回のアデル スタークスの解説文およびショートストーリーで僅かに言及される程度であり、AGEシステムにより設計案が提示されただけで、実際に製造される事はなかった。その後、軍アーカイブに保存されていた設計案を開発部が掘り出した事でアデルの新型ウェアパーツとして製造された。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

AGEシステム
自己成長型のコンピュータシステム。蓄積した戦闘データから戦局に合った新装備を自動工廠「AGEビルダー」で製造する。
AMENBO(アメンボ)
「Gウェア」を搭載可能な無人輸送機。名称は「AGE Mechanical Equipment Moving BOat」の略。
換装
四肢を「Gウェア」に換装可能。最初はディーヴァの艦内で行われていたが、後にウェアを搭載した「AMENBO」を射出して戦場で換装するようになった。
後述の分離機構を応用する形でAGEシステムが提示した。
分離
四肢を分離可能。元々は実験機である本機の整備性や輸送のしやすさを考慮して採用された機構で、動力も四肢それぞれに独立して搭載されている。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

ルートレイバーランス (スタークランス)
本機の主兵装にして唯一の武装。初出の『PSP版AGE』では「スタークランス」表記。
先端部からビームを発振して相手に突き刺す。また、この武装にもバーニアが4基内蔵されており、ただでさえ高い突進力を更に強化できる。その際の攻撃力は非常に高い。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

アデル スタークス
実際にスタークスウェアを装備した機体。
ガンダムAGE-1 ノーマル
素体。

商品情報[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]