ゴッゾー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴッゾー
外国語表記 Gozzo
登場作品 ∀ガンダム
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 支援用モビルスーツ
型式番号 NRS-P701[1]
全高 約15m弱
発掘 ディアナ・カウンター
所属 ディアナ・カウンター
主なパイロット ヤコップ
ブルーノ
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

ディアナ・カウンターが保有する中で最古のモビルスーツの1つ。月のマウンテンサイクルで発掘された機体で、長距離砲撃を目的としている。

背部に折り畳み式のレールキャノンを装備しており、両腕部にはマイクロミサイルを搭載している。頭部にはメインカメラの他、照準用センサーを搭載している。下半身が異様に小さくゴリラのような体形であるのに加え、上半身に装備が集中しているがこれは本来宇宙用の機体であったためであり、地上での使い勝手は良くなかったようである。

余談だが、コックピットの内装はアフターウォー時代の新地球連邦軍の機体と酷似している。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

∀ガンダム
第9話からヤコップブルーノの搭乗機として登場した。主にコレンに随伴し、共にイングレッサ・ミリシャを相手に暴れまわったり、2機揃って背後から∀ガンダムに大木で殴り倒されたりと様々な立ち回りを演じた。ディアナ・カウンターからの脱走後も引き続き使用し、第17話でテテス・ハレからディアナ暗殺を依頼され、移動中のキエルを襲撃するも、ハリーロランの抵抗を受け、ヤコップ機はキャノン、ブルーノ機はキャノンと左脚を破壊され退却した。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

バルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。
マイクロミサイル
両腕部に搭載されている小型ミサイル。使用時には装甲を展開する。
背部レールキャノン
背部右側に装備されているレールガン。通常時は折り畳まれており、使用時に展開する。
スパイクアーマー
左肩部に固定装備されているスパイク付きシールド。レールキャノンのカウンターウェイトとして機能している。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

俊足のゴッゾー
『∀』第17話より。本編19分50秒頃にソレイユへ向けてダッシュするヤコップ機が映るが、この時の脚の動きは速すぎて全く見えない。まるでクレヨンで竜巻を描いたかのように描かれている。

関連機体[編集 | ソースを編集]

ゴドウィン
イングレッサ・ミリシャが寄せ集めのパーツで本機を改修した機体。

資料リンク [編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. これ以外にも『∀』第12話でロランがコックピットを拡大投影した際に機体名「GOZOO」の下に「2514Y2674 AT(以下、影に隠れているため不明。頭の2がZ、5がSの可能性もあり)」と描かれているのが確認できる