サンドードック

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
サンドードック
外国語表記 Sandhodoc
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST
デザイナー
  • 長谷川裕一
  • 黒崎裕一 (原案)
テンプレートを表示
スペック
分類 ミキシングビルドモビルスーツ
主動力 熱核融合炉
所属 ザビ・ジオン
主なパイロット 傭兵
テンプレートを表示

概要[編集]

ザビ・ジオンに雇われた傭兵のミキシングビルドモビルスーツ。僚機のガブレロとは別々に雇われた傭兵の機体でありながらほぼ同様の設計コンセプトを有しており、その特性から共にズムシティ公国宮の警護任務に配置された。両機ともに高い防御特性を持ち、接近戦に特化した武装を持つのが特徴である。

バウンド・ドックの機体構造を踏襲して製作された機体であり、モビルアーマー形態への可変機構を有している。構造を踏襲しただけであり、バウンド・ドックのパーツはほとんど使用されていない。巨大な右腕は作業用モビルワーカーであるサンドージュをほぼそのまま移植した物であり、左腕のみ通常のマニピュレーターを有している。モビルアーマー形態の外観は昆虫の一種である「クワガタムシ」のようだが、これは単なる結果であり、本機を製作した工房もパイロットもこの昆虫のことはまるで知らない可能性の方が高いと思われる。

本機とガブレロは警護の他に可能であれば敵機の捕獲任務も担当し、サンドードックが防御を、ガブレロは攻撃を担当する。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
モビルアーマー形態及びモビルスーツ形態への可逆変形が可能。

武装・必殺攻撃[編集]

クロー
右腕先端部に5本装備されている格闘戦用のクロー。MS形態での主武装で、MA形態では前方中央部に配置される。
ブレード
両脚部に装備されている近接武装。刃が内側に向いているのが特徴。MA形態の主武装で、前方に展開される。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

バウンド・ドック
機体構造を参考にした。
サンドージュ
右腕に使用された機体。

リンク[編集]