シーリン・バフティヤール

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

シーリン・バフティヤール[編集]

『1st』ではマリナの側近でお目付け役も務める女性。極めて冷静で現実主義的な女性で、マリナ・イスマイールの理想主義的な言動にことあるごとに辛辣な言葉を浴びせていく。目的はアザディスタン王国の繁栄と安定である。
そのため指導者としてのマリナに対しては厳しい発言が目立つものの、個人としてのマリナには気遣いを見せていた。 TV版ではその素性が語られていないが、小説版ではフォローがなされている。

『2nd』ではマリナの下を離れ反連邦組織カタロンの一員となっている。アザディスタンの再建のためには地球連邦との戦いが不可避であると主張し、マリナとは意見を異にしているが、カタロンに身を寄せるマリナを個人的に気遣う面も見せる。 最終決戦後はクラウス・グラードと共に連邦議会の議員となった。この時、クラウスの子供を妊娠していることが小説版にて明かされた。

『劇場版』では34歳。議員の仕事を続けており、マリナと共にコロニー建造現場を視察中、コロニー公社側の襲撃を受けるが、刹那とロックオン(ライル)により助けられている。ELSの襲来の際はマリナを気遣い、彼女の下で手助けを行っていた。 『劇場版』の小説版では、西暦2314年時点で1歳になる男の子が生まれており、後に再び世界に争いが起きた時に、ビリーミーナの子供と同じく戦いに身を投じたことが、エピローグでのマリナの回想により語られている。 「戦いでは何も解決しない」というマリナのスタンスには『1st』では冷笑気味に、『2nd』序盤では全くの否定的に、『2nd』から『劇場版』にかけては理解を示すようになり、最終的にはそのありようを実現しようと協力するに至っている。


登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム00
劇場版 機動戦士ガンダム00

人間関係[編集]

マリナ・イスマイール
彼女の側近にして政治アドバイザー(アザディスタンでは女性が政治に関わることが許されていないため)。
クラウス・グラード
カタロンの同僚。
ライル・ディランディ
元同僚。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]