クラウス・グラード

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

クラウス・グラード(Klaus Grad)[編集]

カタロンの一員で、中東第三支部のリーダーを務める。ソレスタルビーイングに対して協力関係を結ぶ提案をし、断られたものの一定の支援を確約した。最終決戦後、カタロンを解体し地球連邦政府議会の議員になった。

なお、本編中ではMSに乗らなかったが高い操縦技術を持ち、彼の専用機が存在している。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム00
劇場版 機動戦士ガンダム00
機動戦士ガンダム00V

人間関係[編集]

シーリン・バフティヤール
カタロンの同志であり、恋人。劇場版では子供がいる。
ライル・ディランディ
カタロンの同志。CBに送り込んだ。
マリナ・イスマイール
カタロンで保護することになる。
エイミー・ジンバリスト

名台詞[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

クラウス専用イナクト ランドストライカーパッケージ

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]