ジ・OII

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ジ・OII
読み ジ・オツー
外国語表記 The-OII
登場作品 機動戦士ガンダム ジオンの再興
デザイナー 近藤和久
テンプレートを表示
スペック
愛称 HAUER(ハウアー)
分類 地上用試作型モビルスーツ
型式番号 PMX-003
全高 30mクラス
主動力 熱核融合炉
装甲材質 ガンダリウム合金
開発組織 ネオ・ジオン
所属 ネオ・ジオン
主なパイロット フレデリック・F・ブラウン
テンプレートを表示

概要[編集]

ジ・Oをベースに開発された、要塞攻略用陸戦型重モビルスーツ。

ジ・Oの開発に携わったジオン系技術者が、シロッコの死後にネオ・ジオンへ渡ってきた際に開発された。

原型機からさらに重装甲・重武装になり、ジ・Oより一回り巨大になった。しかし、その巨体ゆえに敵からも狙われやすくなった欠点があり、これがブレッダの開発に繋がっている。

派生型として砂漠戦仕様の機体が開発されており、少数生産されたとされる。

登場作品と搭乗者[編集]

機動戦士ガンダム ジオンの再興
パイロットはフレデリック・F・ブラウン大尉。
地対空ミサイルでΖガンダムの部隊を一掃した。その後、ジークフリートから奇襲攻撃を受け、大破した。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

隠し腕
奇襲攻撃用の近接戦闘用装備。通常のマニピュレーターと同様の機能を持つ。ジークフリート戦で使用した。

武装・必殺攻撃[編集]

2連装カノン砲
胸部に装備されている。
スモーク弾発射筒
胸部に計6基装備された欺瞞用装備。
ビーム・ソード
サイドスカートに4基装備している近接戦闘用の武装。
大型ビーム・ライフル
一般サイズのMSが使用する物よりも遥かに大きく、メガ・ビーム・ランチャー並になっている。
地対空ミサイル
背部に装備されている。ミノフスキー粒子の影響を受けずに使用可能なことから、一種のサイコミュ兵器だと考えられる。

対決・名場面[編集]

ジークフリート

関連機体[編集]

ジ・O
原型機。
ブレッダ
本機を汎用MSサイズにまで小型化した機体。

余談[編集]

実は本機にはモデルとなる機体が存在する。それはジ・Oのデザイナーである小林誠がデザインした機体「ネオ・ジオ」であり、機体のバランスが非常に酷似している。

商品情報[編集]

リンク[編集]