センチュリオ・アウジリス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
センチュリオ・アウジリス
外国語表記 CENTURIO AUXILIUS
登場作品 SDガンダム GGENERATION DS
テンプレートを表示
スペック
装甲材質 ナノマシン
開発組織 ジオン残党軍
所属 ジオン残党軍
主なパイロット レギオン
テンプレートを表示

概要[編集]

DS用ソフト『SDガンダム GGENERATION DS』に登場するゲームオリジナル機体。レギオンを名乗る少女が専属パイロットを務める。

ゲーム内に登場するモビルスーツセンチュリオ」の内、本機は一般型であり、レギオン軍団の中核戦力を成す機体である。ゲーム内で「センチュリオ」と呼称される機体は基本的に本機を指し、「アウジリス」という名称もゲーム内の図鑑で確認できる。

機体を中心に天使の輪のようなリングが配置されており、リング上には1対2枚のウイングユニット(ナノマシン制御システム)が配置されている。この羽根は分解・再構成し、武器として生成する事が可能であり、その時の状況に即した武器を即座に生成し攻撃する事が可能となっている。

開発にはムーンレィスから奪取した黒歴史のデータ、特に∀ガンダムターンXのターン・タイプの解析データが投入されており、その他のセンチュリオも含めてターン・タイプの簡易コピーと言える機体となっている。ターン・タイプの全ての機能を盛り込めてはいないものの、小隊として機能した時にはターン・タイプを超える戦闘能力を発揮する事が可能とされている。

登場作品と操縦者[編集]

SDガンダム GGENERATION DS
初登場作品。宇宙世紀ルートではセッション13a、平成ガンダムルートではセッション11b、ライバルルートではセッションX7spでレギオンと共に初登場する。最終ステージでその他のセンチュリオと共にマップ画面を覆いつくす光景は圧巻の一言。
なお、ゲーム中には上位機種レガートゥスと同様、2対4枚の羽根を持つ強化型アウジリスも存在する(機体名および武装に変化はなし)。
月刊ガンダムエース
ガンダムエース2005年7月号収録の「GAME'S MSV」に掲載されている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

レルム・ドミナートゥス(レルム・D)
防御アビリティとして実装されている機能。ダメージを軽減する。詳細は不明。
自己修復
戦闘時にHPを一定量回復。ゲーム内では撃墜されても元通りに修復されるイベントも存在する。

武装・必殺攻撃[編集]

ランチャー・ジェミナス
羽根のナノマシンを分解・再構成する事で生成される射撃武器。ビーム砲と実弾砲を重ね合わせた形状をしている。使用時に腕部を展開し、装着するように生成。ビームと実弾を交互に発射する。ゲーム内では特殊攻撃に分類されるため、IフィールドPS装甲といった防御アビリティで防ぐ事はできない。
ブレード・ルミナリウム
羽根のナノマシンを分解・再構成する事で生成される大型の実体剣。刀身が炎のような物で覆われている。使用時に腕部を展開し、装着するように実体剣を生成。敵を縦一文字に斬る。こちらも特殊攻撃に分類されているため、こちらの防御アビリティは機能しない。
フィールド・インペリウム
月光蝶に類似した兵装。ナノマシンを利用した崩壊現象を発生させる。本機はイベントでのみ使用。レガートゥス以降の上位機種にはMAP兵器として実装されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

センチュリオ
本機を含めたセンチュリオ系列機の通称。本機はその中でも下位機種にあたる。
トライア
センチュリオに先立って製作された実験機で、「センチュリオ・トライア」の正式名称を持つ。

商品情報[編集]

ゲームソフト [編集]

リンク[編集]