ゾロ改

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゾロ改
外国語表記 Zolo Mazis Type
登場作品 機動戦士Vガンダム
デザイナー 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
分類 地上用量産型可変モビルスーツ
型式番号 ZM-S08GC
頭頂高 14.8m
本体重量 8.9t
全備重量 21.2t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 5,120kW
スラスター総推力 39,040kg
アポジモーター数 30
装甲材質 チタン合金ネオセラミック複合材
原型機 ゾロ
改修 ラゲーン基地
所属 ザンスカール帝国
主なパイロット マチス・ワーカー
テンプレートを表示

概要[編集]

ラゲーン基地が旧式化したゾロを改修した機体。地上戦線の機種転換が難しくなったため、既存機種を改修することで戦力を維持する事を目的としている。

改修点は頭部にレンズ型のセンサーが追加されているのみで、その他の部分はゾロと変わらない。追加センサーは頭部左側を覆うように装着されており、ザンスカール帝国の一般的なデュアルセンサーと異なりシャッターは設けられていない。武装もゾロと同じ物を使用可能である。

劇中では停戦協定から逃れるためにラゲーン基地から離脱したマチス・ワーカー機のみ登場。武装は物資不足からかビーム・ライフルビーム・サーベルのみであった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士Vガンダム
第39話に登場。パイロットはマチス・ワーカー。自身と共にラゲーン基地から離脱したゾロ部隊と共にリガ・ミリティアと交戦。性能差がありながらボトルターミナルを一斉発射する戦術で追い詰めるが、V2ガンダムによって味方のゾロが墜落してしまう。一人残ったマチスはV2ガンダムと一騎打ちになり、下半身を失いながらも攻撃を続けるがビーム・サーベルで反撃され大破した。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

分離 / 合体
上半身と下半身が分離し、それぞれトップターミナルとボトムターミナルに変形可能。
ミノフスキー・コントロール
ビーム・ローターと連動した無線誘導技術。ビーム・ローターの基部付近のみではあるが、ミノフスキー粒子の格子振動を用いた通信が可能となる。ボトム・ターミナルの遠隔操作に用いられる。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
トップターミナル形態時のみで使用可能な機関砲。機首に装備されている。
ビーム・ライフル
ゾロと同様のビーム・ライフル。
ビーム・サーベル
背部に2基装備されている近接武装。トップターミナル形態時ではビーム・ガンとなる。
ビーム・ローター
左腕部に装備されている重力下での飛行用フライトユニット。ビーム・シールドとしても使用可能。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ゾロ
原型機。

リンク[編集]