フェニックス・ゼロ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
フェニックス・ゼロ
外国語表記 Phoenix Zero
登場作品 SDガンダム GGENERATIONシリーズ
デザイナー 浦木巧(片桐圭一郎)
テンプレートを表示
スペック
分類 簡易量産型モビルスーツ
型式番号 GGS-000
全高 不明
本体重量 不明
ジェネレーター出力 不明
装甲材質 不明
開発組織 不明(フェニックスガンダム開発チームとは別チーム)
テンプレートを表示

概要[編集]

ゲーム『SDガンダム GGENERATION』シリーズに登場するオリジナル機体。同じくオリジナル機体であるフェニックスガンダムのバリエーション機に属する。

機体の外見は、ゴーグル型カメラを持つV字アンテナ無しの頭部以外、ほぼフェニックスの色違い(フェニックスは赤中心、本機は青中心)である。初出の『SPIRITS』ではフェニックスとの関連性は不明だったが、後に『3D』で詳細な設定が付加された。

機体設定[編集]

GジェネレーションSPIRITS以降[編集]

フェニックスガンダムのプロトタイプ、コピー機などの噂があるが真相は不明。変形機構やフェザーファンネルは搭載されておらず、フェニックスガンダムよりやや性能は劣る。ただ、大気圏内での飛行能力やメガビームキャノン等の高出力ビーム兵器を同じく搭載しているため機体性能は高く、とある部隊(所謂プレイヤー部隊)で指揮官機として運用されている。

Gジェネレーション3D以降[編集]

フェニックスガンダムの解析データを元に完全量産機を目指して開発された。しかし、フェニックスガンダムに存在するブラックボックスの解析ができず、同機体が実装しているナノスキン装甲やフェザーファンネルを再現することはできなかった。その為、オリジナルと比べて機体性能は大幅に下がっているが、大気圏内での飛行能力やメガビームキャノン等の高出力ビーム兵器は引き続き搭載しており、さらに低コストで生産が可能なことから、簡易量産機としては優秀な機体である。その為、多くの部隊(所謂プレイヤー部隊)で主に指揮官機として運用されるようになった。なお、型式番号がオリジナルと異なるが、これは異なる開発チームが開発し、オリジナルとの差別化を図ったため。

登場作品と操縦者[編集]

SDガンダム GGENERATIONシリーズ
『SPIRITS』で初登場。主にプレイヤー部隊の初期リーダー機として配備されている。『3D』でより詳細な開発経緯が設定された。
月刊ガンダムエース
2011年3月号のGAME'S MSVに画稿が掲載されている。テキスト内容は、黒歴史から得られた資料や映像を基に本機の解説を行う、というもので、本機を運用していたプレイヤー部隊の事を「時空移動能力をもった部隊」と表現している点が面白い。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

飛行能力
単体で飛行が可能。原理は不明。宙間戦闘能力と合わせてフェニックスガンダムと同様のスペックを持ち合わているとされている。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に2門内蔵。フェニックスガンダムには無かった武装。
ビームライフル
フェニックスガンダムと同型の物を装備。2挺を上下に連結することもできる。
メガビームキャノン
4枚のバインダー先端にそれぞれ1門ずつ内蔵。こちらもフェニックスガンダムから引き継がれた武装。
肩部ミサイル・ポッド
『GENESIS』で追加された武装。両肩のバインダーからマイクロミサイルを発射する。ゲーム内でバインダーを装備するのは『GENESIS』からだが、設定画だと『SPIRITS』の時点で装備している。
ビームサーベル
近接戦用の斬撃武器。通常はグリップを用いるが、『WORLD』等ではパイロットのテンションが超強気の時に、2挺連結したビームライフルからビーム刃を発振し斬りかかる演出に変わる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

フェニックスガンダム
原型機。
フェニックス・ゼロワン
指揮官用の性能向上機。
トルネードガンダム
Gジェネシリーズでは大概、本機が開発先として設定される。

商品情報[編集]

ゲーム[編集]

リンク[編集]