2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

プロトタイプザク

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
プロトタイプザク
外国語表記 Prototype Zaku
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 試作実験型モビルスーツ
型式番号 MS-04
頭頂高 17.5m
本体重量 57.4t
全備重量 72.5t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 953kW
スラスター総推力 43,000kg
装甲材質 超硬スチール合金
センサー有効半径 2,950m
開発組織 ジオニック社 (設計)
ホシオカ (建造)
所属 ジオン公国軍
主なパイロット エリオット・レム
ミオン・ホシオカ、他
テンプレートを表示

概要[編集]

MS-03の3号機を改良して開発されたモビルスーツ

熱核融合炉を初めて搭載した機体であり、MS-03の出力を2倍以上超えている。装甲も強化され、実戦に耐えうる対弾性を得ている。ザクに繋がる人型兵器のスタイルは本機でほぼ完成し、マニュピレーターも5本指となっている。この機体はコストが高かったため、無駄を排除した上でザクIへと開発順序が進んでいった。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダムセンチュリー
文字設定の初出。
M-MSV
主な出典元。機体デザインと機体設定が新規設定された。
Developers 機動戦士ガンダム Before One Year War.
本機が主役機に抜擢されている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ザク・マシンガン
試作されたドラムマガジン式の100mmマシンガン。威力は低く、対艦戦闘には不向き。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

アーリー・ザク
雑誌『G20 volume.2』における本機の別デザイン。
MS-03
3号機が本機のベースとなっている。
ザクI
ジオン軍初の量産型モビルスーツ。本機が開発の基礎となった。
ブグ (THE ORIGIN)
THE ORIGIN』の世界観における本機に相当する機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]