ヤクト・ドーガ・ソーン

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

MSN-03SL ヤクト・ドーガ・ソーン(Jagd Doga Thorn)[編集]

概要[編集]

ローズが製作したガンプラヤクト・ドーガのガンプラ「HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガ」をベースとした改造機。名称の「ソーン」は英語で「棘」を意味する。
機体カラーはマゼンダと白で、ベースとなった機体とは塗り分けが異なっている。右肩シールドとバックパックがギラ・ドーガの物となっており、『UC』に登場したヤクト・ドーガ (袖付き仕様)に近い姿となっている。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダムビルドダイバーズ

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

フェーダインライフル
ガブスレイが装備している高出力ビームライフル。後部からビームサーベルを発生させることができる。
ヒートナイフ付きビームサーベル
左腰部に1基収納されている武装。鍔の部分にヒートナイフが付いていて、グリップも備えているので外して使う事も可能。
ファンネルポートシールド
左肩部に装着されている。その名の通りファンネルポートとして機能し、スラスターも内蔵されているのでアポジモーターとしても活用可能。
ミサイル
ファンネルポートシールドの裏側に3発搭載されている。
ファンネル
ファンネルポートシールドの表面に3基装備されている円筒形の無線式誘導兵器。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ヤクト・ドーガ
ベース機。

商品情報[編集]

リンク[編集]