2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ユニオンフラッグ陸戦重装甲型 (カタロン仕様)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

SVMS-01SG ユニオンフラッグ陸戦重装甲型(カタロン仕様)(Union Flag Ground Package Shell Type Katharon)[編集]

  • 登場作品:G-ROOMS
  • デザイナー:福地仁
  • 分類:地上用量産型モビルスーツ
  • 装甲材質:Eカーボン
  • 頭頂高:18.5m
  • 本体重量:86.0t
  • 主動力:水素エンジン
  • 開発組織:ユニオン
  • 主なパイロット:カタロン兵

カタロンの所有する量産型モビルスーツ
シェルフラッグのカラーリングをカタロンカラーに変更している。性能差は不明だが、特に変わりないと思われる。

登場作品と操縦者[編集]

G-ROOMS
オーストラリアにあるカタロン基地から押収されたカメラの映像データに本機の姿が映っている。この機体は「軽装甲タイプ」と呼ばれるもので、装備の一部が外されている。また、左腕の塗装のプログラムが切れていて、Eカーボンの色そのままになっている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

分離
装甲をパージできる。
換装
フラッグに換装可能。ただし、細部調整が必要になるため、大抵は陸戦型のままで使われている。
チャフ
スモーク
左胸に装備されている。

武装・必殺攻撃[編集]

120mmリニアマシンガン
本機の主兵装。亜熱帯気候での運用を考慮して銃身が短くなっている。イツビシが製造したメイド イン ジャパン。
グレネードランチャー
リニアマシンガンの銃身下部に内蔵。装弾数は4発。
200mmリニアキャノン
右脇に1門装備。背部に弾倉兼バッテリーが装着されている。本機独自の武装であり、他の陸戦型には装備されていない。
ロケットランチャー
背部に2基装備。装弾数はそれぞれ4発ずつ。
ミサイル
両脚部に格納されている実弾兵器。複数の種類が用意されている。発射する際はボルトを外して脚部アーマーをパージする必要がある。
ソニックブレイド
接近戦用のナイフ。刃を高周波で振動させて威力を向上させている。
ディフェンスロッド
腕部に装備されている棒状の防御兵装。ロッドを回転させる事で弾をはじく。本機のそれは通常のフラッグの物よりも大型化されている。リニアマシンガンと同じくイツビシ製である。ロッドの射角とリニアフィールドを組み合わせる事で、ビームを防ぐことも可能。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ユニオンフラッグ
ユニオンフラッグ陸戦重装甲型

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]