ガンダムマックスター

提供: ガンダムWiki
2018年9月11日 (火) 14:16時点における153.142.244.248 (トーク)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

GF13-006NA ガンダムマックスター(Gundam Maxter)[編集]

概要[編集]

第13回ガンダムファイトのネオアメリカ代表モビルファイター。カラーリングは祖国の国旗に用いられている色を基調としており、デザインはアメリカンフットボールのプロテクターを模した物となっている。ファイターであるチボデーのスタイルに合わせてボクサーモードの変形機構を備えており、防御力を犠牲にすることでフットワークを向上させることができる。また、チボデーの精神が明鏡止水の境地に達すると機体が金色に輝く。

登場作品と操縦者[編集]

機動武闘伝Gガンダム
超級!機動武闘伝Gガンダム

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
ボクサーモードへと変形する。この際に胸部装甲を分離し、肩部装甲をボクシンググローブのように両手に装備する。肩部装甲にはバーニアが内臓されており、威力を上げることができる。

武装[編集]

バルカン砲
頭部に2門内臓されている。
ギガンティックマグナム
両腰部に2丁装備されている拳銃。実弾かビームかは不明。マガジンに残弾が表示される。グランドガンダム戦ではガンダムローズのローゼス・ビットを弾丸として用い、トドメの一撃を放った。
ファイティングナックル
両腕部に装備されているナックルガード。この装備によりマニピュレーターを保護することが可能。
シールド
サーフボードを模しているシールド。劇中ではシールドとしてでなく、移動用トランスポーターとして使用されていた。

必殺技[編集]

サイクロンパンチ
ファイティングモード、ボクサーモードの両形態で使用可能。パンチで竜巻を放つ技。
バーニングパンチ
ボクサーモードで放つ技。基本的にストレートパンチだが炎を放つ場合もある。
豪熱マシンガンパンチ
ギアナ高地の修行で会得した新必殺技。ファイティングモード、ボクサーモードの両形態で使用可能。1秒間で10発分のパンチと衝撃波を発生させる技。
シャッフル同盟拳
シャッフル同盟5人の力を合わせて放つ合体技。各ガンダムファイターの気を最大限に高め、エネルギーの弾を撃ち込む。

対決・名場面[編集]

シャイニングガンダム
ジェスターガンダム
ゴッドガンダム
グランドガンダム

関連機体[編集]

ガンダムマックスリボルバー
『超級!』で用意された決勝大会用の後継機。
ガンダムマックスター (DG細胞浸食)
『超級!』で登場。本機がDG細胞に浸食され変貌した姿。

商品情報[編集]

リンク[編集]