ガンダムローズ

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

GF13-009NF ガンダムローズ(Gandam Rose)[編集]

概要[編集]

第13回ガンダムファイトのネオフランス代表モビルファイター。機体カラーは祖国の国旗に用いられている物を基調とし、ナポレオン時代の騎士を模したデザインとなっている。ジョルジュのスタイルに合わせて剣を主装備とした接近戦を得意としている。また、モビルファイターとしては珍しくオールレンジ攻撃が可能なビットを装備している。ジョルジュの精神が明鏡止水に達すると機体が金色に輝く。

登場作品と操縦者[編集]

機動武闘伝Gガンダム
超級!機動武闘伝Gガンダム

装備・機能[編集]

武装[編集]

バルカン砲
頭部に2門内臓されている。
シュバリエ・サーベル
本機の主武装。フェンシングの剣のように細い実体剣。実体剣ではあるがビームサーベルのように発光してる場面がある。未使用時には左腰の鞘に収められている。
シールド
左肩に装備されているマント状のシールド。
ローゼス・ビット
シールド裏に装備されているビット兵器。薔薇の花弁状の形をしている。制御はファイターの脳波で行われる。グランドガンダム戦ではガンダムマックスターのギガンティックマグナムの弾丸として用い、トドメを刺した。

必殺技[編集]

ローゼススクリーマー
ローゼス・ビットを四方八方に展開し、相手を電流に覆われた空間に閉じ込める技。ビットを1つでも破壊されるとそれらが誘爆し消滅してしまう。
ローゼスハリケーン
ギアナ高地の修行で会得した新必殺技。ローゼス・ビットを相手の周りで竜巻のように回転させ、エネルギーの渦を生み出し相手を拘束する技。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムヴェルサイユ
『超級!』で用意された決勝大会用の後継機。
ガンダムローズ (DG細胞侵食)
『超級!』で登場。本機がDG細胞に浸食され変貌した姿。

商品情報[編集]

リンク[編集]