ミラージュガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミラージュガンダム
外国語表記 Mirage Gundam
登場作品 機動武闘伝Gガンダム
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルファイター
登録番号 なし
頭頂高 16.2m
本体重量 7.2t
装甲材質
開発組織 ネオフランス
所属 ネオフランス
ガンダムファイター ジャン・ピエール・ミラボー
テンプレートを表示

概要[編集]

ネオフランス国内の第13回ガンダムファイト代表選考会に出場したモビルファイター

この機体は火力を重視した機体で、ビーム砲やミサイルを多数搭載した機体となっている。正式参加のファイターではないため正確なデータはないが、その破壊力は代表選考会で戦ったガンダムローズより上をいくと言われている。後にDG細胞に感染した際には再生能力を得て、背部にミサイル発射菅を増設しており、破壊力がさらに増している。

代表選考会で観客を背にして戦うという卑劣な戦法でガンダムローズを追い詰めたが、ネオフランスの官僚に見るに耐えないと言われ、ジョルジュ・ド・サンドに代表が決定した。それに反発しミサイルを発射しようとしたが、ジョルジュに取り押さえられ、ミサイルは観客席を巻き込んでしまった。この事件は「マルセイユの悲劇」と呼ばれることになる。

登場作品と操縦者[編集]

機動武闘伝Gガンダム
第20話に登場。ガンダムファイタージャン・ピエール・ミラボー。脱走してきたミラボーがジョルジュを逆恨みし、本機で戦いを挑んできた。その際この機体はDG細胞に感染した状態であった。DG細胞の力でシャイニングガンダムガンダムシュピーゲルを押し留め、ジョルジュを庇ったバトラーベンスンマムを大破させた。それにより怒りを身に任せたガンダムローズにより圧倒され、トドメを刺されそうになるが、ジョルジュが落ち着きを取り戻したことによりミラボーをDG細胞から救った。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

DG細胞
ジョルジュを追って地球に降下した際にマスターアジアによって感染させられた。再生能力の他、背部からミサイルを無限に発射できるようになっている。

武装・必殺攻撃[編集]

4連装メガビーム砲
胴体に4門内蔵されているビーム砲。
ミサイルランチャー
腕部と脚部に内蔵されているミサイル。
無限ミサイル
DG細胞感染時に背部から発射するミサイル。DG細胞の力により弾数制限が無くなっている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムローズ
代表選考会で争った相手。この機体が代表に決まった。

資料リンク[編集]

リンク[編集]