アカツゲー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アカツゲー
外国語表記 AKATSU-GHE
登場作品 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルアーマー?
開発組織 GBN運営
所属 GBN運営
テンプレートを表示

概要[編集]

GBNのサバイバルミッションのEXボスとして登場した機体。アカツキの上半身、ゲルズゲーの下半身、レジェンドガンダムのバックパックが組み合わさった見た目の機体である。

これらの機体はただ組み合わさっているわけではなく、ヤタノカガミがアカツキ以外の機体部分にも施されている。だが、ゲルズゲー部分の脚部には施されていない。これによりビームに対して圧倒的な防御力を得ている他に、実弾に対する防御力も高く、ガンダムNT-1の90mmガトリング砲を物ともしていない。また、懐に飛び込まれても自身にヤタノカガミが施されているため、ドラグーンで自分ごと撃つことが可能である。武装はそれぞれの機体部分の固定武装の他に、携行武装としてレジェンドガンダムのビームライフルを2挺装備しており、このライフルとドラグーンにもヤタノカガミが施されている。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE
第1話冒頭に登場。サバイバルミッションで生き残っていたガンダムNT-1ジム・スナイパーIIに攻撃をしていたが、ヒロトによりアッザムリーダーにより動きを封じられ、そのままコアガンダムと交戦した。だが、コアガンダムに攻撃を全て躱され、懐に飛び込まれて撃破された。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

対ビーム防御・反射システム「ヤタノカガミ」
本機に採用されている金色の装甲。耐ビームコーティングなどと異なり、ビームを防ぐだけでなく反射して敵機を返り討ちに出来るという特徴がある。
陽電子リフレクタービームシールド「シュナイドシュッツSX1021」
下半身に1基のみ発振器が残っているが両肩にはなく、ヤタノカガミがあるため使用されないと思われる。

武装・必殺攻撃[編集]

MSM5D12.5mm自動近接防御火器
頭部に2門内蔵されている機関砲。
MA-BAR78F 高エネルギービームライフル
2挺装備しているレジェンドガンダムのビームライフル。原型機と異なりヤタノカガミが施されている。
試製71式防盾
防御用の実体盾。外縁部に「ヤタノカガミ」が施されているが、中央部は対実弾用のために施されていない。
GMA628 ビーム砲
下半身の前脚部に2門内蔵されているビーム砲。また、前脚部はクローとしても機能する。
Mk61 2連装125mm滑腔砲
背部に装備されている実弾兵器。
GDU-X7 突撃ビーム機動砲
背部プラットフォームの最上端に2基装備されている大型ドラグーン。1基につき9門のビーム砲が内蔵されている他、先端の4門からビームスパイクを発生させることができる。
GDU-X5 突撃ビーム機動砲
プラットフォームの側面と腰部に合計8基が装備されている小型ドラグーン。2門のビーム砲を内蔵している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

オオワシアカツキ / シラヌイアカツキ
上半身の元となった機体。
ゲルズゲー
下半身の元となった機体。
レジェンドガンダム
背部の元となった機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]