アラナ・バタラ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アラナ・バタラ
外国語表記 Arana Batalla
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
デザイナー 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 EMS-06-P
主動力 熱核融合炉
開発組織 木星帝国
所属 木星帝国残党
主なパイロット カマーロ・ケトル
テンプレートを表示

概要[編集]

木星帝国アラナを制作するにあたり、バタラをベースに開発した試作型モビルスーツ。バタラにアラナに似た形状のパーツを追加しており、主に機体バランスの確認等に使用された。

蜘蛛を思わせる背部ユニットからはアラナと同じくフィン・ノズルが四方に突き出ており、胸部には排熱ダクトが増設されている他、固定武装としてバルカン砲が装備されている。

木星戦役後は木星帝国残党によって運用されており、その際にストリング・ガンやモゾ―・ブラスターといった独自の装備が追加されている。これは海賊行為を繰り返していた木星軍残党が、その使用目的に合わせて取り付けたものと考えられている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
「海賊の宝」にカマーロ・ケトルの搭乗機として登場。連邦軍高官の賄賂情報に関する物資を載せた郵便船を占拠中、海賊軍が襲撃してきたため迎撃に出る。そこで交戦したスカルハートをアラナとの連携で束縛し仕留めようとするものの直前に振り解かれ、一騎討ちの末にスクリュー・ウェッブで胴体を叩き切られ撃墜された。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

フィン・ノズル
バックパックから四方に突き出る形で備わっている推進機構。クロスボーン・バンガードの機体に備わっていた推進システムと同名の物だが技術的な関連性は不明。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
機体上部に4門内蔵されている機関砲。
ストリング・ガン
胸部左右に装備されている4連装ワイヤー武装。残党によって独自に追加された武装である。
モゾー・ブラスター
木星軍残党がクロスボーン・ガンダムX3のムラマサ・ブラスターの再現を試みた近接武装。7基のビーム・サーベルを並列稼働させて使用する。
ビーム・シールド
左腕のナックルガードに装備されている防御兵装。ナックルガードを可動させて、腕部前面にシールドビームを展開する。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

バタラ
原型機。
アラナ
本機で得た技術を元に開発された機体。

リンク[編集]