イオク・クジャン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオク・クジャン
読み イオク・クジャン
外国語表記 Iok Kujan
登場作品 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
声優 島崎信長
デザイナー
  • 伊藤悠(原案)
  • 千葉道徳
テンプレートを表示
プロフィール
職業 軍人(貴族)
所属 ギャラルホルン
所属組織 月外縁軌道統合艦隊アリアンロッド
所属部隊 第二艦隊
役職 第二艦隊司令
称号 クジャン家当主
階級 准将
主な搭乗機 レギンレイズ(イオク仕様機)
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

ギャラルホルンを束ねる7つの家門「セブンスターズ」の一角、クジャン家の若き当主。浅黒い肌と編み込んだ長い黒髪が特徴。アリアンロッド第二艦隊の指揮官で、パイロットとして長距離支援に特化したレギンレイズに搭乗する。

同じセブンスターズの当主にしてアリアンロッドを束ねる総司令官、ラスタル・エリオンとは親交があり、全幅の信頼を置いている。その反面、ラスタル直属の配下であるジュリエッタ・ジュリスとはそりが合わない。

『如何なる敵も正面から迎え撃つ』というクジャン家の教えを尊重し、セブンスターズの当主ながら最前線でモビルスーツを駆って戦うことを望んでいる。ただし彼の操縦技術はお世辞にも高いとは言えず、立場の問題もあって少しでも彼を最前線から遠ざけたい整備士や部下からは長距離支援に主眼を置いた兵装を提案されており、そもそも出撃しようとすると側近たちに必死で止められる。また、過度の正義感と騎士道精神からくる無謀さに加えて、歴史や戦闘に関連する知識の欠如から事態の悪化を招いてしまう事も少なくない。ラスタルも彼の抱える数々の問題点を把握しており、特に物事の大義名分を自分に都合よく解釈している点については、真剣に自重を促していたが、本人に伝わる事は無かった。

このように彼には軍人としては問題があるものの、一個人としてみれば実直な性格や熱意から部下からの信頼は厚く、謹慎処分を受けた際には40人もの部下がラスタルに恩赦を嘆願する程。ラスタルもイオクには力は求めてはおらず、先代のクジャン公のような人格者になってほしいと期待しており、イオクを慕う部下たちも先代に多大な恩義を感じているが故に、彼がどれほど愚行を重ねても見捨てず支えようと感じているのである。

しかし、彼の「熱意と正義感だけの御曹司」というキャラクターはハシュマル戦において大きなマイナスとなってしまい、モビルアーマーを起動させる直接のきっかけを作っただけでなく徒にその後の被害を拡大させることとなってしまった。汚名返上を期したタービンズへの襲撃はかえって自身の立場を危うくする結果となり、手柄を求めた鉄華団との最後の戦いでは迂闊な行動によって命を落とすことになった。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
第二部からセブンスターズの一角としてクジャン家の当主として登場する。
当初からラスタルと同じく組織内で発言力を強めていくマクギリスに警戒心を抱いており、鉄華団マクギリスの派遣した地球外縁統制統合艦隊との合同作戦にも横槍を入れる形で参戦。専用のレギンレイズで出撃したが、戦果を挙げられず重要参考人であるサンドバル・ロイターの身柄拘束の功も奪われてしまった。その後のアーブラウとSAUの紛争でもマクギリスの不行き届きを弾劾するが、ガルス・ボードウィン等がマクギリスを擁護したことで渋々引き下がらざるを得なかった。
マクギリスが極秘裏に火星圏に向かった際にはジャスレイからの情報で「マクギリスがMAを倒し、七星勲章を手に入れて、セブンスターズの序列を変える事で謀反を企んでいると」決めつけて、MSで拘束に向かった。その際に、むやみにMSを近付けたためにエイハブ・ウェーブに反応したハシュマルを起動させ、護衛に就いていた部下を全滅させてしまう。その後も部下の仇を取る為に単独でハシュマルに挑んだため、ダメージを与えられないどころか鉄華団の迎撃を妨害したうえ農業プラントの多数の一般人が虐殺される結果を生んでしまった。
鉄華団がハシュマルを撃破して以降は彼の火星での問題行動は他のセブンスターズの知る所となり、ラスタルからも厳しく叱責されてしまう。だが、これが逆にイオク自身を後戻りできない状況に追い込んでしまい(ラスタルは「秩序を重んじるギャラルホルンとしての本質を見失うな」と釘を刺したに過ぎなかったが)、協力を申し出たジャスレイ・ドノミコルスの甘言に乗せられてしまう事になる。
ジャスレイに乗せられたイオクは鉄華団の後ろ盾であるタービンズを潰すため、禁止兵器である『ダインスレイヴ』を利用。タービンズに禁止兵器運用の罪をでっち上げた挙句、そのダインスレイヴをタービンズの避難船に打ち込んで多くの構成員を虐殺してしまう。しかし降伏信号を無視して虐殺を敢行したため、名瀬アミダの命を賭した反撃を喰らって自軍の戦力をも削いでしまう結果となった。
ジャスレイが鉄華団に粛清された直後、マクギリス達の決起によってタービンズに働いた非道行為が白日の下に晒されたことで謹慎処分を受ける。部下の嘆願によって復帰した後はラスタル直々に指導者教育が行われ、謹慎中の反省もあってそれなりに成長。火星圏へと逃亡したマクギリスに対して「ギャラルホルンを背負う者として、力に執着した者の最後を見届ける」ために追撃部隊に志願し、指揮権を持たない一般兵として参加。専用のグレイズに乗り込み、脱出を図るマクギリスのガンダム・バエルに武装を解除しながら突撃することで先手を打たせ、攻撃の口実を作る役目を果たした。
その後の鉄華団掃討作戦では、兵を鼓舞するべく負傷をおして通常のグレイズで出撃。ダインスレイヴで大破したガンダム・グシオンリベイクフルシティにトドメを刺そうとするが、迂闊に名乗りを上げてしまったことで昭弘の底力を呼び起こしてしまい、コクピットを握り潰されて圧死。
イオクの戦死により、クジャン家はお家断絶してしまい、セブンスターズの廃止に繋がることになった。

人間関係[編集 | ソースを編集]

ギャラルホルン[編集 | ソースを編集]

ラスタル・エリオン
アリアンロッド艦隊司令官にしてエリオン家当主。イオクにとって、もう1人の父親とも呼べる人物であり、強く信頼している。ラスタルもイオクのことは、我が子のように可愛がっているが、その甘さが、イオクの成長の妨げの1つにもなっている。
ジュリエッタ・ジュリス
ラスタルの擁する秘蔵っ子であり、自身と同じレギンレイズのパイロット。イオクの部下にあたるものの、彼女はイオクのことを「家柄しか取り柄のない無能」と認識しており、イオクも面と向かって軽蔑してくる彼女を当然快く思っておらず、それどころか彼女を巻き込んで攻撃したことすらある。しかし、ハシュマル事件以降ジュリエッタからかけられた言葉を勝手に好意的に捉えてしまった結果、若干ではあるが印象が良くなった模様。
ヴィダール
アリアンロッド艦隊が保有する謎の機体『ガンダム・ヴィダール』の専任パイロット。だが、互いに会話をすることはほとんどない。
ガエリオ・ボードウィン
自身と同じセブンスターズの若き当主。理想に燃える面や実直な性格とそれを利用され踊らされた所まで共通しているが、仮面を外した彼との間に何かやり取りはあったのだろうか。
マクギリス・ファリド
ファリド家の新当主。ラスタルの政敵であることから敵視しており、鉄華団からの連絡を受けて火星のモビルアーマーを調査に向かった際も「七星勲章の獲得により序列を脅かす行為」と誤解して先走った行動にでてしまった。
イオクの父
実父でクジャン家の先代当主。軍人としても人間としても優れ、家臣だけでなく、ラスタルからも敬愛され続けているが、イオクの口から父親の話題は出ない為、イオクが物心付く前に亡くなったことがうかがえる。

鉄華団[編集 | ソースを編集]

三日月・オーガス
サンドバル・ロイター拘束作戦において、自分達の邪魔をしたガンダム・バルバトスルプスのパイロット。ジュリエッタと共に邪魔者として対峙するも及ばず、サンドバルの身柄は目の前で掻っ攫われてしまった。
昭弘・アルトランド
鉄華団掃討作戦において、虫の息の彼にトドメを刺そうとするが、タービンズ壊滅の元凶の1人であることに気づかれたことから、昭弘の底力を呼び起こしてしまい、道連れにされた。

テイワズ[編集 | ソースを編集]

ジャスレイ・ドノミコルス
テイワズ幹部にして、クジャン家と繋がりのあるJPTトラストの代表取締役。組織内で台頭する鉄華団と後見人であるである名瀬を出し抜く為、イオクにマクギリスの動向をリークし、マクギリスと鉄華団の弱体化を図るが、ハシュマル事件で一度は失敗。しかし、それにより立場が悪くなったイオクとの結び付きが強くなり、タービンズにダインスレイヴ密輸の汚名を着せ、壊滅させることに成功。その際、イオクはジャスレイに手書きの感謝状を送っている。その後も共闘して、鉄華団を叩く算段になっていたが、マクマードとラスタルの間に取引が成立した事で部隊を送ることはなかった。

名台詞[編集 | ソースを編集]

「海賊風情とはいえ、全力でたたき潰すのがクジャン家の教えだ」
セブンスターズの一家門を担う当主として、部下に自身の矜持を言い聞かせながら専用機に向かう。彼を制止する部下たちの必死さの理由は出撃後すぐに明らかになった。
「制裁を受けろ!!」/「避けたか…なかなかやるな!」
34話「ヴィダール立つ」より。火星圏オセアニア連邦産業コロニーの独立運動に起因する暴動の鎮圧に向かった際に。凛々しい口上とは全く裏腹に敵機にはかすりもしなかった(回避行動すら行っていない)。にもかかわらず堂々と相手を賞賛してみせる器の大きさ(?)を見せつける。その後危機に陥ったところをジュリエッタに救出され、さらには護衛のモビルスーツに抑え込まれるというオチまで。
「おのれ、死にぞこないッ! このイオク・クジャンの裁きを受けよッ!」
50話より。ダインスレイヴの攻撃で大破寸前になったガンダム・グシオンリベイクフルシティを嬲っている場面にて。しかし、この時名乗りを上げてしまったため……
「あっ…あっ、あっまさか……こんなところでッ! あ、ああ」
「あ、あああ、嫌だッ! あ、あああいい゛や、ああああああああ―――」
上記の名乗りによってタービンズ壊滅の元凶であり、ラフタの死の遠因となったイオクが目の前にいることを知り、憎悪に燃える昭弘によって機体のバランスを崩してしまい、そのままサブアームで挟まれてしまう。
部下が必死に援護したが、サブアームが外れることはなく、狭まっていくコクピットの中で情けない悲鳴を叫びながら潰されて圧死した。

搭乗機体・関連機体[編集 | ソースを編集]

レギンレイズ(イオク機)
アリアンロッドが開発した新型MSをイオク専用機としてカスタムしたもの。少しでも前線に出ないようにと長距離用のレールガンを備えた後方支援仕様にカスタマイズされているほか、指揮官機としてブレードアンテナを装備している。やたら前に出たがる性分と劣悪な射撃の腕のため性能を十分に活かしきれていない。
グレイズ(イオク機)
イオク専用のグレイズ。火星仕様の指揮官用グレイズにイオク専用レギンレイズと同様の塗装を施し、背中にバトルブレードマウントラッチ用のバックパックを取り付けたもの。マクギリスを挑発する為に武装解除して突進を行い、先手を打たせた事でその役目を果たし大破した。
グレイズ
火星仕様の一般仕様のグレイズ。バトルブレード装備。負傷の身でありながら乗り込んだが……。


リンク[編集 | ソースを編集]


{{DEFAULTSORT:いおく くしあん}