オーガ刃-X

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
オーガ刃-X
読み オーガジンクス
外国語表記 Ogre GN-X
登場作品 ガンダムビルドダイバーズ
デザイナー 海老川兼武
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ (ガンプラ)
型式番号 GNX-803OG
頭頂高 頭頂高
全高 19.2m (ダイバーの独自設定)
重量 90.5t (ダイバーの独自設定)
主動力 主動力
ジェネレーター出力 ジェネレーター出力
スラスター総推力 スラスター総推力
装甲材質 プラスチック
センサー有効半径 センサー有効半径
ビルダー オーガ
所属 百鬼
ファイター オーガ
テンプレートを表示

概要[編集]

オーガが製作したガンプラジンクスIVのガンプラをベースに改造されている機体。機体名の通り鬼をモチーフとしている。

機体カラーは赤で、重装化をメインとした接近戦特化のカスタマイズが施されている。重装化されているが機体各部の推進器は強化されており、脚部にはホバーユニットを内臓する等の万全のヘビーウェイト対策が取られているため、高い機動性と破壊力を両立している。原型機と同様にトランザムシステムが搭載されており、発動中は頭部のバイザーが下降し、内蔵されたセンサーで敵機の集中解析を行う「一ツ目モード」に変化する。武装はアンドレイジンクスIVが装備していたジンクスIIソードのGNバスターソードの機構を流用したGNオーガソードとガンダムAGE-1 タイタスの物をアレンジしたGNビームスパイクを両肩と両腕に内蔵している。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダムビルドダイバーズ
第2話で初登場。GBN初心者のリクに勝負を挑み、機体の完成度にオーガの実力が加わって高い戦闘力を発揮。乱入したマスダイバーのドム試作実験機をも容易く撃墜してのけた。第9話ではビルドダイバーズとのフォースバトルで再びリクと対決したが、途中でブレイクデカールによって煌・ギラーガが暴走したためリクと一時的に共闘し事態を収拾した。その後、第20話でオーガがガンダムGP-羅刹へと乗り換えたため本機の出番は終了している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

トランザムシステム(TRANS-AM)
GNドライヴに搭載されている、機体の内部に蓄積された高濃度圧縮粒子を全面開放するシステム。起動中は機体が赤く染まり、機体のスペックが3倍以上に引き上げられる。一定時間が経過して粒子を使い切ると自動的にシステムが解除されるが、任意での解除も可能。
GBNではこのシステムが使用できるかどうかはそのガンプラの出来に左右されるという。本機の完成度は高いため問題なく使用可能。

武装・必殺攻撃[編集]

GNオーガソード
二振り装備している本機の主兵装。GNバスターソードの機構を活かした武装で、刃部分にGNフィールドを定着させることでシールドとしても使用可能。また、連結することで「GNオーガツインソード」となる。
GNビームショルダータックル
両肩に内蔵されているビームスパイク。発生器は片方3基あり、体当たり時の破壊力を倍増させる。
GNニードルストレート
両前腕部に内蔵されているビームスパイク。前腕部は有線式の射出機構が存在するため、離れた敵機に攻撃することができる。
GNバルカン
両腰に2門内蔵されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ドージ刃-X
弟であるドージが譲り受けた本機を自分専用に改造した機体。彼の愛機である煌・ギラーガと同じ青色に塗装された他、元の武装に加えて同機の武装を使用できるように調整されている。
ジンクスIV (一般機) / ジンクスIV (指揮官機)
ベース機。
ガンダムAGE-1 タイタス / ジンクスIIソード
使用する武装が本機の武装の参考になっている。
ガンダムGP-羅刹
本機の後継機と言える機体。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]