カオスインパルスガンダム

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

カオスインパルスガンダム(Chaos Impulse Gundam)[編集]

概要[編集]

インパルスガンダムのバリエーション構想の一つ。カオスガンダムと同様の武装を装備した姿。可変機構と分離・合体機構を組み合わせるのは危険視されたため、本機は開発されることなく、カオスガンダムが開発されることになった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ヴァリアブルフェイズシフト装甲
フェイズシフト装甲の改良型。装甲に掛ける電圧を調整できるようになっており、エネルギー消費の効率化を図っている。その影響で装甲の色が変化するようになった。本機は緑色を基調とした物に変化する。
デュートリオンビーム送電システム
MSにデュートリオンビームを照射してワイヤレスでエネルギーを供給するシステム。これにより、(母艦が存在する限り)帰艦する事なく戦い続ける事が可能となった。
換装
シルエットを換装する。
分離
カオスシルエットを分離する。
変形
MA形態に変形する。なお、変形する際には下半身を分離する必要がある。

武装・必殺攻撃[編集]

MMI-GAU25A 20mmCIWS
胸部に2門内蔵された機関砲。敵機への威嚇・牽制やミサイル迎撃、対人戦に用いられる。有効射界が限定されるという欠点がある。
MGX-2235B カリドゥス改 複相ビーム砲
背部センサー下部に内蔵された高出力ビーム砲。カリドゥスを高速戦闘仕様に改良したもの。本機の武装の中で最大級の威力を誇るが、設置場所の関係から、MA形態でしか使用できない。
EQFU-5X 機動兵装ポッド
背部に取り付けられた装備。高出力スラスター兼ウェポンラックとしての機能があり、大気圏内での飛行を可能とする推力を本機に与えている。ビーム砲を兼ね備えたドラグーン仕様のため、本体から切り離してオールレンジ攻撃を行う事もできる。改良が加えられたため、使用するのに以前ほど高度な空間認識能力は必要なく、高い推力から重力下でも使用可能。スラスターにもなっているが、物自体が切り離して使用することが多く、一長一短な武装。
MA-81R ビーム突撃砲
ポッドに内蔵されたビーム砲。普段は砲身は内部に格納されている。
AGM141 ファイヤーフライ 誘導ミサイル
機動兵装ポッドに内蔵された誘導ミサイル。ブラストインパルスの物と同型。
ビームクロー
両腰のサイドアーマーが変形する。
クロー付き機動防盾
対ビームコーティングが施された実体盾。両腕に装備されておりクローにも変形する。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

カオスガンダム
本機の構想から開発された機体。
インパルスガンダム
背部に何も装着しない形態。

商品情報[編集]

リンク[編集]