ガンダムアスクレプオス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムアスクレプオス
外国語表記 Gundam Aesculapius
登場作品 新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT
デザイナー 阿久津潤一
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用試作型可変モビルスーツ
型式番号 OZ-10VMSX
全高 18.2m
16.7m (接近戦モード時)
本体重量 12.8t
ジェネレーター出力 7,935kW
スラスター総推力 127,940kg
装甲材質
原型機 ジェミナス02
改修 OZプライズ
所属 OZプライズMO-V
主なパイロット オデル・バーネット (シルヴァ・クラウン)
ロッシェ・ナトゥーノ
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

OZプライズが捕獲したジェミナス02を高機動強襲用モビルスーツとして改修した機体。機体名称は十二星座には含まれない「蛇遣い座」の人物とされる「医神アスクレピオス」を由来としている。

改修前が装備を換装することで高い汎用性を持たせていたのに対して本機は可変することで戦況に対応する機体となっており、主に高い機動性で強襲し接近戦を行うことを想定している。背部にはレドームとして機能する大型バックパックが追加されており、接近戦モードに変形することでレドームが頭部を覆うようにして装備される。レドームには全方位アクティブスキャナーやアクティブジャマーが搭載されており、接近戦に持ち込みやすくなっている。

レドーム後部と肩部バインダーにはハイトルクスラスターが計4基備わっており、高い機動性を発揮する。脚部にはスラスターも兼ねるプロペラントレッグユニットが追加されており、増大した上半身の質量に対するカウンターウェイトとしての役割も担う。

元がジェミナスであるため高い汎用性はそのまま維持されており、その中でも本機は最も水中戦で優れた性能を発揮するとされている。

本機が再びMO-V所属機となった際には破壊された頭部の代わりにジェミナス01の頭部で修復されている。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

G-UNIT
機体各部に設けられた電磁駆動式ボルトジョイント「リニアロック・ボルト」により装備の換装が可能。
PXシステム
機体速度を大幅に強化するシステム。ただし、機体とパイロットに大幅な負荷がかかる。
全方位アクティブスキャナー
レドームに搭載された複合索敵装置。300km四方を完全に網羅することが可能。
アクティブジャマー
レドームに搭載されているセンサー撹乱装置。敵機のセンサーやレーダーを無効化することが可能。
変形
接近戦モードに変形可能。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

ビームソード
両肩バインダー裏に計2基装備されている近接武装。改修前と同様の物。
パイソンクロー
爪状の超振動素子ブレードを3基装備した攻撃用マニピュレーター。通常時は両肩に収納されており、接近戦モードで展開し両腕と接続して使用される。通常時でもこの武装のみ変形させることも可能。
ラピッドショット
パイソンクロー中央部に2門ずつ内蔵されているビームバルカン。クロー展開時にのみ使用可能。
アクセラレートライフル
改修前と同様のビームライフルMO-Vで修復された後に装備された。
G-UNITシールド
改修前と同様の携行式シールド。アクセラレートライフルと同じく装備された。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

ガンダムジェミナス (ジェミナス02)
原型機。
ガンダムバーンレプオス
強化発展型として開発された機体。
ガンダムサンドレオンカスタム
本機の試験用パーツを用いてガンダムサンドレオンを改修した機体。
サーペント
同じく「蛇遣い座」を由来とする機体。
ズゴック
機体形状(接近戦モード時)のモチーフ元と思われる機体。

商品情報[編集 | ソースを編集]

ガンプラ[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]