ガンダムバーンレプオス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムバーンレプオス
外国語表記 Gundam Burnlapius
登場作品 新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT
デザイナー 阿久津潤一
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型可変モビルスーツ
型式番号 OZ-10VMSX-2
全高 20.9m
17.2m (デュエルモード時)
本体重量 19.2t
装甲材質
開発者 ドクター・ベルゲ
所属 OZプライズ
主なパイロット クラーツ・シェルビィ
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

ドクター・ペルゲガンダムアスクレプオスの強化発展型として開発したモビルスーツ

アスクレプオスの機体コンセプトはそのままに、さらに機動力と格闘能力を強化した機体となっている。変形機構と大型バックパックを有する点も同じであり、本機は脚部も変形させることでデュエルモードとなる。アスクレプオスと同様にPXシステムも搭載されているが、本機の物は意図的にリミッターが設けられていないため、暴走する危険性を孕んでいる。

本機も一応ガンダムジェミナスの1機であるようで、X号機として扱われている。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

PXシステム
機体速度を大幅に強化するシステム。本機の物はリミッターが設けられていないため、システムを使用するとオーバードライブモードとなる。
変形
デュエルモードに変形可能。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

アサルト・ベイオネット
通常時の主武装となる実体剣。デュエルモード時には背部にマウントされる。
ラピッドショット
アサルト・ベイオネットに2門内蔵されているビームバルカン。
EMFシールド
携行式のシールド。シールド表面に展開される電磁フィールドにより高い防御力を発揮する。デュエルモード時には背部にマウントされる。
ゴレムクロー
両肩部に装備されている大型クロー。パイソンクローと同様に腕部と接続して使用される。フレキシブルに可動するようになっており、攻撃範囲が拡大されている。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

ガンダムアスクレプオス
ベース機。
ハイゴッグ
機体形状(デュエルモード時)のモチーフ元と思われる機体。

リンク[編集 | ソースを編集]