ガンダムサンドレオンカスタム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムサンドレオンカスタム
外国語表記 GUNDAM SANDLEON CUSTOM
登場作品 ティエルの衝動
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 現地改修機
原型機 ガンダムサンドレオン
改修 ドッペルト
所属 ロームフェラ財団 戦争推進派陣営
主なパイロット ドッペルト
テンプレートを表示

概要[編集]

書籍『新機動戦記 ガンダムW エンドレスワルツ 最強プレイングブック』に掲載されている「1/144 ガンダムサンドロックカスタム」の改造例。

作中の設定

ガンダムサンドレオンを緊急チューンナップした機体。ウイングガンダムセラフィムとの戦闘で損傷したサンドレオンを戦士の墓に廃棄されていたガンダムアスクレプオスの試験用パーツを用いて本機へと改修した。

肩部と二の腕、膝から下の脚部をアスクレプオスの物に変更しており、大型化したシルエットは元の機体よりもより重厚感のある見た目となっている。アスクレプオスのような接近戦モードへの変形は不可能ではあるものの、パイソンクローに内蔵されたラピッドショットにより射撃戦にも対応できるようになった。

登場作品と操縦者[編集]

ティエルの衝動
ドッペルトの搭乗機として登場。ガンダムデスサイズギルティカスタムと共に戦士の墓を訪れたティエル達を襲撃した。その際、ガンダムデリンジャーアームズと激しい撃ち合いになり、ギルティカスタムと共に相討ちとなった。
なお、改修前の戦闘でセラフィムに左腕を破壊されていたのにも関わらず、本機の作例では改修前の左前腕が引き続き装備されている。

装備・機能[編集]

特殊機能・装備[編集]

プロペラントレッグタンク
アスクレプオスと同様、脚部両面に装着されている推力用エネルギータンク及びスラスターユニット。パイソンクローに対するカウンターウェイトとしても機能する。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン
頭部に2門内蔵。作中未使用。
ハイコールドショーテル
原型機と同型の大剣。ヒートショーテルが溶断を目的としているのに対し、こちらは絶対零度による低温処理を目的としている。刀身は白色。改修前の戦闘で左腕側を喪失してるはずだが、本機の作例ではマウント部ごと搭載されている。漫画本編では未装備。
パイソンクロー
アスクレプオスの主兵装である、両肩部に収納されている大型クローユニット。作中ではジオラマと漫画で使用方法が異なり、前者では腕部に接続せず肩部を正面に向けて使用、後者では腕部に接続して使用している[1]
ラピッドショット
パイソンクロー1基につき2門内蔵されているビームバルカン。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムサンドレオン
改修元。
ガンダムアスクレプオス
廃棄されていた試験用パーツが本機の改修に用いられている。

商品情報[編集]

ガンプラ [編集]

書籍 [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 干渉するショーテルはパージされたものと思われるが、漫画本編には描写が無いだけで前腕部がアスクレプオスの物に変更されている可能性もある