ガンダムデリンジャーアームズ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムデリンジャーアームズ
外国語表記 Gundam Derringer Arms
登場作品 ティエルの衝動
テンプレートを表示
スペック
分類 首都防衛用量産型モビルスーツ
開発組織 OZロームフェラ財団
所属 ロームフェラ財団 戦争推進派陣営 ⇒ 新教聖歌隊(マリーメイア軍
主なパイロット トライノイ・リヴィンスキー
テンプレートを表示

概要[編集]

書籍『新機動戦記 ガンダムW エンドレスワルツ 最強プレイングブック』に掲載されている「1/144 ガンダムヘビーアームズカスタム」の改造例。

作中の設定

新機動戦記ガンダムW』の大戦中、ロームフェラ財団によって生産された量産型ガンダムの一機種。ガンダムヘビーアームズ (EW版)もしくはガンダムヘビーアームズ改 (EW版)の簡易量産機で、首都防衛用の砲撃機として量産された。運用目的の変更に伴い、長距離移動の必要が無くなったため、原型機と比べて、頭部ブレードアンテナがオミットされているのが特徴。機体色はヘビーアームズに準じた、赤とオレンジ中心の配色になっている。

戦時中に量産されたものの実戦配備には至らず、戦後はロームフェラ財団の戦争推進派陣営によって、X-18722コロニーの軍事プラント内に保管されていた。作中、元OZ兵のトライノイによって他の量産型ガンダムと共に強奪され、そのままトライノイの搭乗機となる。

登場作品と操縦者[編集]

ティエルの衝動
行方不明の戦友カールを探す足がかりとして、トライノイが強奪。同じくガンダムを強奪したティエルの付き添いを務めた。その後、ティエルを守るべく、追撃してきた2機のガンダムと相討ちとなる。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ダブルガトリングガン
ガンダムヘビーアームズ改 (EW版)の主兵装である2連装式のガトリングガン。実弾かビーム弾かは不明。本機は1丁のみ装備。
胸部ガトリング砲
胸部に内蔵された実弾高速射撃火器。発射時は胸部の装甲を観音開きに左右に展開する。 正面からの展開図が存在しないため、門数は不明[1]
マイクロミサイル
両肩アーマーに内蔵。原型機にあった腰アーマーのミサイルを引き続き搭載しているかは不明。
ホーミングミサイル
両脚部にランチャーポッドを装備。

対決・名場面[編集]

ガンダムデスサイズギルティガンダムサンドレオン
追撃してきた2機のガンダムとの戦闘。サンドレオンのハイコールドショーテルにより左手を損傷するも、ティエルとクルンの攻撃により2機の撃退に成功している。なお、何かの因果か、トライノイがOZを退役した原因も左手の負傷によるものである。
全ては少女のために
幼馴染クルンの裏切りと死に唖然とするティエルの前に、突如としてガンダムデスサイズギルティカスタムガンダムサンドレオンカスタムが出現。トライノイはティエルを守るべく、強大な火力を得た2機の前に立ち塞がった。平和の為に機密を保持しようとするセミス達と、機密を暴いてでも愛するティエルのために兄を探し出そうとするトライノイ。互いの火線が交わった一瞬の後、両者はその場に崩れ落ちた…

関連機体[編集]

ガンダムヘビーアームズ (EW版) / ガンダムヘビーアームズ改 (EW版)
どちらかがベース機に該当すると思われる。本ガンプラの製作には「1/144 HG ガンダムヘビーアームズカスタム」が使われている。
ヴァイエイト / メリクリウス
本機の腕パーツに同一の物が使われている。本機との関連性は不明。

商品情報[編集]

ガンプラ [編集]

書籍 [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ヘビーアームズ (EW版)は2門、改 (EW版)は4門。