ガードシェル

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガードシェル
外国語表記 Guard Shell
登場作品 機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δ ASTRAY
デザイナー 神宮司訓之
テンプレートを表示
スペック
分類 可変モビルスーツ
型式番号 GSF-YAM02
全高 17.73m
重量 81.03t
主動力 バッテリー
開発組織 オーストレール
所属 マーシャン
主なパイロット ナーエ・ハーシェル
テンプレートを表示

概要[編集]

マーシャン可変モビルスーツ。火星製モビルスーツの2号機として開発された機体。分類上はモビルスーツだが、基本的にモビルアーマー形態での運用が基本となっている。

本機は作業用モビルアーマーマーズタンクをベースとしており、機体名称が表す通り防御能力に比重を置いた機体となっている。マーズタンクと同様に3つの脚部を持つが、歩行は2つで十分なため残りの1つは精密マニピュレーターとしても使用可能となっている。脚部は宇宙空間でもAMBAC作動肢として機能する。MA形態時の天面側はシールドで覆われており、高い防御能力を持つ。モビルスーツ形態はガンダムアストレイ レッドフレーム マーズジャケットを参考としており、機動性と運動性を重視した状態となる。ただ、モビルスーツ形態は緊急用であり可動部が露出するため防御力は低下する。頭部はデルタアストレイと同じくガンダムフェイスを備えている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δ ASTRAY

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
モビルアーマー形態に変形可能。

武装・必殺攻撃[編集]

レーザーロッド
両腕部に装備されているワイヤー。モビルスーツ形態でのみ使用可能で、トライ・ソーサーと繋げてヨーヨーのように使用することもできる。
ビームガン
胴体に装備されているワイヤーの先端に内蔵されているビーム砲。センサーとしても機能する。
トライ・ソーサー
モビルアーマー形態時の天面に装備されているシールド。モビルスーツ形態では右腕部に装備される。
ビームシールド
トライ・ソーサーに内蔵されている光学防御兵装。
レーザーソード
シールドに3基装備されている。モビルスーツ形態でのみ使用可能。
ロケットアンカー
シールドの濃い赤い部分が変形し、アンカーとして機能する。アンカー内にはビームソードが内蔵されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

マーズタンク
ベース機。
デルタアストレイ
火星製MSの1号機。
ガンダムアストレイ レッドフレーム マーズジャケット
モビルスーツ形態の参考となった機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]