グフ (後期改修型)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
グフ (後期改修型)
外国語表記 Gouf
登場作品 MSV
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 地上用量産型モビルスーツ
型式番号 MS-07C-1
頭頂高 18.2m
全高 18.7m
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,034kW
スラスター総推力 40,700kg
装甲材質 超硬スチール合金
開発組織 ジオニック社
所属 ジオン公国軍
主なパイロット ジオン公国軍一般兵
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

グフのバリエーションの内、C型に分類される機体の1つ。資料によってはC-1型とも表記される。

C型は固定武装を多様化し、状況に個別に対応した機種を展開させるというコンセプトで開発された機体群であり、C-1型は両腕のマニピュレーターがフィンガー・バルカンに換装されている。それ以外の外見はほぼ通常のグフと変わらないが、ヒート・ロッドの装備については不明とされる。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

MSV
出典元。文字設定のみが登場する。
機動戦士ガンダム
第23話に両腕にフィンガー・バルカンを搭載したグフが登場している。場面によってはヒート・ロッドを装備している事も。
メタ的に言うと、この両手バルカンのグフを後付け設定で公式化したものが本機である。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

75mmフィンガー・バルカン
両腕部に搭載されている5連装のバルカン砲。各指が75mm口径の火器となっており、連射性に優れる事から接近戦で有用であったが、戦闘中の給弾が行えないという欠点も有していた。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

グフ
原型機。B型に分類される。
グフC-2型
C型系列として設定上存在する機体。詳細については現時点では不明となっている。
グフ重装型
C-1型をベースに火力と装甲を強化した機体。C-3型に分類される。
グフC-4型
脚部推進装置が大幅に改修された機体。文字設定のみの機体。
グフ試作実験機
プロトタイプドムのデータ収集用の機体。C-5型に分類される。

商品情報[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]