グフ (後期改修型)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
グフ (後期改修型)
外国語表記 Gouf
登場作品 MSV
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 地上用量産型モビルスーツ
型式番号 MS-07C-1
頭頂高 18.2m
全高 18.7m
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,034kW
スラスター総推力 40,700kg
装甲材質 超硬スチール合金
開発組織 ジオニック社
所属 ジオン公国軍
主なパイロット ジオン公国軍一般兵
テンプレートを表示

概要[編集]

MS-07 グフの内、C型に分類される機体の1つ。右腕部のヒート・ロッドが廃止され、両腕のマニピュレーターがフィンガーバルカンとなっている。それ以外の変化はない。

登場作品と操縦者[編集]

MSV
出典元。文字設定のみが登場する。
機動戦士ガンダム
第23話に両手がフィンガーバルカンのグフが登場している。場面によってはヒート・ロッドを装備している事も。
メタ的に言うと、この両手バルカンのグフを後付け設定で公式化したものが本機である。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

75mmフィンガーバルカン
両腕部のマニピュレーターに内蔵されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

グフ
原型機。B型に分類される。
グフC-2型
設定上存在する機体。詳細不明。
グフ重装型
火力と装甲を強化した機体。C-3型に分類される。
グフC-4型
脚部推進装置が大幅に改修された機体。文字設定のみの機体。
グフ試作実験機
プロトタイプドムのデータ収集用の機体。C-5型に分類される。

商品情報[編集]

リンク[編集]