グラブロ試作水中ビット搭載型

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
グラブロ試作水中ビット搭載型
登場作品 MSV-R
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 水中用試作型モビルアーマー
型式番号 MAM-07-X3
主動力 熱核融合炉
開発組織 ジオン公国軍
所属 ジオン公国軍
テンプレートを表示

概要[編集]

ジオン公国軍が開発した試作型モビルアーマー。試作された3機のグラブロの内1機を改修した機体で、サイコミュシステムを搭載している。

グラブロクローは撤去されその空いたスペースに水中用ビット用のパイロンが追加されており、ビットが計2基装備されている。船体後方にはビットを遠隔操作するための複合送信システムが搭載され、前下部にはソナードームが追加されている。本機に搭載されたサイコミュシステムは一般兵でも操作が可能な準サイコミュシステムと言われているが、一般兵用のサイコミュはハンマ・ハンマの時点でも形になっていなかったため、本機のサイコミュは複数人乗ることで操作可能であるブラウ・ブロジオングなどに近いものと推測されるが詳細は不明。

この機体の試験運用期間は約2週間と短期間であったが、開発陣が納得する性能を示していた。だが、消耗品でもある水中用ビットの稼働条件を満たすことが難しかったためか、結局正式採用されることはなく、本機は再び通常型に改修された。

登場作品と操縦者[編集]

MSV-R
出典元。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

7連装魚雷発射管
機体前方左右に備わっている。
対空ミサイルランチャー
ブーメラン状の整流板から発射される。
水中用ビット
船体左右に計2基装備されているサイコミュ兵装。魚雷発射管が4門備わっている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

グラブロ
原型機。

商品情報[編集]

リンク[編集]