コマンドザクCCI

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
コマンドザクCCI
外国語表記 Command Zaku CCI
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 戦域通信指揮統制型モビルスーツ
型式番号 ZGM-1000/R4
主動力 バッテリー
開発組織 ザフト軍
所属 ザフト軍
主なパイロット ザフト兵
テンプレートを表示

概要[編集]

ザフト軍ザクウォーリアをベースに開発した戦域通信指揮統制型モビルスーツ。基本的に非武装の機体で戦闘を考慮していないため型式番号から戦闘型を意味する「F」が省かれている。

ニュートロンジャマー影響下での無線通信を円滑化するために開発された機体で、通信や偵察に特化した機体となっている。背部に電子機材パックが装備されている他、左肩のボールジョイント付きプロテクターには大型パラボラアンテナが装備されている。ニュートロンジャマーの影響下でも使用可能なビームアンテナガンを携行する。本体側も外見はほぼ変わっていないが、装備に合わせて内部構造に手が加えられている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSV
出典元。
機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ビームアンテナガン
多周波域長高指向性の通信装置。銃の形をしており、マニピュレーターで携行して使用する。この装置のコストはザクウォーリアとほぼ同額である。

武装・必殺攻撃[編集]

ハンドグレネード
腰部のハンドグレネード用パレットに左右2発ずつ、計4発マウントされている手榴弾。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ザクウォーリア
ベース機。

資料リンク[編集]

リンク[編集]