2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

セラヴィーガンダムGNHW/3G

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

GN-008GNHW/3G セラヴィーガンダムGNHW/3G
(Seravee Gundam GN-Heavy Weapon/3G)
[編集]

ソレスタルビーイングが開発した太陽炉搭載型モビルスーツ
セラヴィーガンダム用のGNヘビーウェポンの一種で、対イノベイターイノベイド)戦用の切り札として考案された。
背部にセラフィムガンダムの無人機であるセムを2機合体させており、これらとセラフィムを使用してトライアルシステムを広域展開する事で範囲内にいるヴェーダとリンクしている機体全てを無力化できる。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00V
スメラギ・李・ノリエガティエリア・アーデの間で本機の運用が検討されたが、ティエリアがヴェーダとのリンクが出来ない為にセムがただのデッドウェイトにしかならないという判断からB装備が実戦投入される事になった。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

分離
バックパックが分離してセラフィムガンダムとセムになる。
換装
セラヴィーガンダムに換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

GNキャノンII
ヴァーチェのGNキャノンの改良型で、背部に6門、両脚部に1門ずつの計8門を装備。
GNバズーカII
こちらはGNバズーカの改良型で、上下に分割が可能な構造となっている。連結状態は「ダブルバズーカ」と呼ばれ、その状態で砲口を展開する事で「バーストモード」になる。ちなみに、バーストモード時には球体状のビームが発射される。分割状態では、セラフィムのGNキャノンIIとそれぞれ連結させる事で「ツインバスターキャノン」として使用可能。
GNビームサーベル
両腕に1本ずつ格納されている接近戦用の武装。また、GNキャノンIIの内部にも各1本ずつ格納されている。
隠し腕
GNキャノンIIの内部に各1基ずつ内蔵されている装備。敵機の意表を突いた攻撃を行う事が出来る。
GNビームマシンガン
セムの右脚に1挺装備されている。威力はあまり高くなく、主に牽制に使用される。
本機では使用しない。
GNシールド
セムの左脚に1基装備されている小型の実体盾。ケルディムのGNシールドビットを改良しており、ビーム砲も1門内蔵している。ただし、遠隔操作は不可。
本機では使用しない。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

セム
セラヴィーガンダム
セラフィムガンダム
セラヴィーガンダムGNHW/B
セラヴィーガンダムII
ガンダムヴァーチェ

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]