2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

セラヴィーガンダムII

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
セラヴィーガンダムII
外国語表記 SERAVEE GUNDAM II
登場作品 劇場版 機動戦士ガンダム00
デザイナー 柳瀬敬之
テンプレートを表示
スペック
分類 擬似太陽炉搭載型無人モビルスーツ(第3.5世代ガンダム)
型式番号 GN-008RE
頭頂高 18.5m
本体重量 65.7t
主動力 GNドライヴ[Τ]×3
装甲材質 Eカーボン
開発者 ティエリア・アーデ
所属 ソレスタルビーイング
主なパイロット 無人(ティエリア・アーデによる遠隔操縦)
テンプレートを表示

概要 [編集]

ソレスタルビーイング擬似太陽炉搭載型モビルスーツ。小説版『劇場版00』においては「セラヴィーガンダムリペア」とも呼ばれる。

ティエリア・アーデイノベイターイノベイド)との決戦で大破したセラヴィーガンダムを改修した機体である。

通常はラファエルガンダムの武装ユニットとなっているが、ティエリアの脳量子波によるコントロールで分離・変形し、無人機としての運用も可能となっている。動力であるGNドライヴ[Τ]は胸部に1基、両脚部に1基ずつの計3基を搭載しており、トランザムシステムも使用可能。カラーリングも黒基調に変更された。

登場作品と操縦者[編集]

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
前述のように無人機であり、ティエリア・アーデの脳量子波でコントロールされる。
刹那・F・セイエイダブルオーライザーELSに侵食された際、刹那を救出する為に使用される。その際、侵食部分に触れたため本機も侵食されるが、刹那の救出後にトランザムを暴走させてダブルオーライザーごと自爆した。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

トランザムシステム(TRANS-AM)
元々はオリジナルGNドライヴのブラックボックス内に組み込まれていたシステムで、機体各部のGNコンデンサー内に蓄積している高濃度圧縮粒子を全面開放する事で機体性能を通常の3倍以上に引き上げるというもの。ただし、限界時間があるうえ、使用後はしばらく性能が大幅にダウンしてしまうという短所もある。
本機は擬似太陽炉搭載機でありながら使用可能で、途中解除もできる。
変形
ラファエルガンダムの武装ユニットからMS形態に変形可能。
自爆
トランザムの起動中にシステムを暴走させる事で自機を爆発させる。

武装・必殺攻撃[編集]

GNバズーカ
本機の主兵装で、両手に1挺ずつ携行している。セラヴィーのGNバズーカIIの改良型で、ラファエルのGNビームライフルと比べて威力は高いが、連射性に劣る。連結機能はオミットされていて、ダブルバズーカとしての使用は不可能。
GNビームサーベル
両腕部に1本ずつマウントされている。セラヴィーの物と同型。GNクローからも形成可能だが、こちらは本機でも使用可能かは不明である。
GNビッグキャノン
両脚部に1門ずつ内蔵されている高出力粒子ビーム砲。搭載された擬似太陽炉から一度に大量のGN粒子の供給を受ける事で絶大な威力を得ている。機体から分離する事で誘導兵器にもなるが、本機でも使用が可能かは不明。
GNクロー
GNビッグキャノンの砲口部に装備されている格闘戦用の武装。対象を捕獲したり、握り潰したりできる。本機では両脚部の爪先と踵を形成しているが、こちらも使用可能かは不明となっている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ラファエルガンダム
有人機側。
セラヴィーガンダム
ベース機。
セラ
こちらはラファエルガンダム ドミニオンズに装着される無人機。
セム
本機以前にセラヴィーガンダム用のヘビーウェポンとして開発中だった無人機。本機と同様、量子通信により遠隔操作される。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]